最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
繊細且つ大胆に
DSC02326.jpg
バラバラにしないのがコツですので
作る時は分かるように貼りながら作るか並べて置いて作ります。
テキストには若い番号順に貼るよう組み立ての指示をしていますが
今回の絵なら花一つずつ組み立てていった方が分かりやすいです。
↓お花を組み立てて行きました。
DSC02327.jpg
ジギタリスの下の花一つは奥側+花芯+花の手前側+めくれた花弁細部で
構成されますので凡そ4~5ピースありますが組み立てるとⅠピースに減るのです。
経験では高さやずれの調整など10ピース以下にすれば
全体に気を配れる余裕が生まれると思います。
DSC02331.jpg
良いシャドーボックス作品というのはどう自然な立体感が矛盾を感じない程度に
再現出来ているかだと私は思います。

平面の絵を立体にするのですから必ず絵はずれます。
微調整してずれがわからないように組み立てます。

丁寧に切って縁に色を塗る他に
ふさわしい補強がしてあり、一片毎に丸みの微調整をしてある
接着剤の乾くタイミングを計る
植物の成り立ちを考えて角度を付ける・・・
今回の絵でもそんなことを考えて作っています。


要するに一度に多くのことに気を配るのは無理なので
パーツでしっかり作って全体のバランスを観ながら一気に組み立てると
良いですよと言いたいのでした。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2472-3d1e58b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索