最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
モデラーのお手入れ
おかげ様で先の尖ったモデラーは大変使いやすいと好評ですが

加工 形に少しバラツキがあります。

先日「やすりでこすったらかえってすべりが悪くなった」と仰る生徒さんがいらっしゃいました。

もしも紙やすりを使うなら肌理の粗いものでなく1000番以上で整えましょう。

ちょっと閃きまして蒔絵のコンパウンドとコットンで磨いたらピッカピカすべすべになりました。

でも特殊なので皆さんは持っていないでしょうから

代用としたら爪磨きとか宝石(銀)磨きか歯磨き粉か「ピカール」でしょうね。

suzu 400

以前にも書いた記憶があるのですがお道具の手入れは必要です。

ピンセットの先端も異物がついていないよう綺麗にしておきましょう。

1ミリで出るボンドも先が詰まったらまず先端から針やピンセットで塊を引っ張り出しますが

ダメな場合はキャップを外して紙巻きワイヤーを反対から入れてノズルの

内壁についたボンドの膜や塊を出します。

このボンドは中身がたくさん入っている方が使いやすいので私は時おり補充しています。

また寝かせてさらにノズルをやや下げるように傾けておくと効率が良いです。


発想の転換で液状の物は逆さにしておくと良いですね。

アクリル絵の具でもドレッシングやケチャップも・・・・

濃い部分が沈殿してうすい部分が上澄み状になるからです。

ただし蓋をしっかり閉めておくのが前提ですよ。(笑)
momiji kurogaku
画像はネットショップでキットを御購入くださった方へ
参考になりますようアップ致しました。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2418-a3473196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索