最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
考えて切る
「考えて切る」

こんなテーマで書くのは大変おこがましいのですが

私の考えがどなたかの参考になればと思って書きますね。

作品をテキストに沿って作る場合は書いた先生の考えなのでそれがベストとは限りませんし
仕組みが分かってくれば自分で工夫するのも楽しいことだと思います。
DSC01706.jpg
テキストに文字を切る指示はしていませんが切ってみました。
背景のエンボス(水玉のくぼみ)が途中です。

私は中級レベルを想定してテキストを書いています。
キムなど200ピースを軽く超えても位置と貼る順番を指示しており
親切に書いているほうだと自負していますがもちろん上級者なら物足りないでしょう。

カッターや鋏で切る際はテキストの濃い輪郭線または囲った色の線を切ることになります。
欲しい場所を切る時は鋏の場合はモチーフを避けて辿りつきましょう。

切る途中のモチーフがそのテキストでは不用だとしても綺麗な形で残しておきます。
後で重ねたり細かく絵を切り取ったり出来ます。
言いかえれば自分で工夫する可能性を残すと言うことです。

また必要とするピース(私のテキストでは大抵細かい斜線を入れています。)
=表現する部分
=額に入れた時に見える部分なら
切り方は基本的に輪郭線通りに切ります。
(すごく丸くなる花芯などは敢えて少し大きく切ると
径の大きさが結果的に同じくらいになる例外はあります。)
DSC01711.jpg
チェリーの柄は2本取ってくださいね。作成の時奥のを見落としました。

その下で支える役割の部分なら少し輪郭線を削って切った方が表面の絵柄を引き立ててくれます。
一番上の絵柄は丸みもしっかり入れますからカーブして少し絵柄が小さくなります。
もしも同じサイズに切れば下から支えの絵の端が僅かに覗くことになります。

昨日書いたようにどうやったら安定して美しく切れるか
カッターの角度をどこまで立てればすぱっと良い位置で切れるか

いつも切りながらそんな事を考えています。
そして技法などが「ブログのネタになるかなぁ」なんてことも思っています。

シャドーボックスを続けている限り頭はボケないと私は信じていますよ(笑)

cake3.jpg
蝶の羽の透かしもオプション仕様です♪


はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ



関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2384-7ff75154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索