最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
ストレス・フリー
限界を探る特集

今回は粘着スチロールをどこまで小さく切れるかについて。
dores.jpg

ドレスの絵にはたくさんの小さな花や模様が描かれていて
ただ貼り付けるより少しだけ浮かせたいと思いました。

1ミリの厚さの粘着スチロールはどこまで小さく切れるかと言うと
1ミリ強の正方形でした。

と言うことはシャドーボックスでピースを持ち上げたい場合
大抵持ち上げられると言うことです。しかもきれいに簡単に。

写真の銀の四角い模様が1ミリ強のサイズです。
DSC01672.jpg

今までの方法ですと通常はシリコンボンドを使っていました。
例えば2ミリの径のピースを1ミリ安定的に持ち上げるのは相当大変だったと思います。
まずピンセットで小さなピースをつまんだとしても
シリコンでピンセットや絵が汚れたりはみ出したりします。
乾くまではグラグラしますから
良い位置に置いてからも触らずに乾かす時間も必要でした。

粘着スチロールを導入してから
思うように安定して高さが出せ
効率よく作品が綺麗に作れるようになりました。
生徒さんのストレスがなく達成感を得られることが私にとっての喜びです。

reicheru boy girl
生徒さんのレイチェルの男の子と女の子が完成しました。
出来栄えが可愛くて仕上がりも申し分ないと思います。
シリコンを使わないのでニスも大変美しく乗ります。

最近はこの実感が多くなり
今後もシリコンはますます使わないで作って行くことになりそうです。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2377-4cc5cdf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索