最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
最新デコパージュ 1作品目
最新デコパージュは「ジュタドール」という名前で

ごく薄い紙に精緻な印刷が施されています。
hako1.jpg
白い紙製の箱にベースペーパーを貼り 
ボーダー(リボン)とモチーフ(チョコ)ペーパーを重ねて貼っています。


ペーパーナプキンは大半が海外で生産されドットが分かるような粗い印刷が多かったとか。
国内の先端技術で特殊な薄い紙に印刷したのが特徴です。
薄いけれど貼り付ける時に困らない強度があります。

hako2.jpg

艶のないマットな仕上がりが独特ですね。内側も全て貼りました。


それがどう良いかは薄いので「水切り」という方法で
紙に水をラインで含ませながら絵柄が切り取れる点でしょう。

鋏は必要なくお子さんでも危なくないです。気軽に安価に取り組めます。
また切った縁の部分がちぎり絵のようになる為貼りつけた際や
ピースをつないでもつなぎ目が自然に馴染みます。

切り方には紙の(め」の影響で切りやすい方角と切りにくい方角があり
丸3日間の講習で私はなんとかコツを習得しました。

課題をこなして一応全て満点を頂きほっとしております(笑)
hako3.jpg
キャラメルみたいな天然石のつまみを付けて完成です。この箱はチョコ入れに♪

絵柄も今どきの女子が好みそうなものばかり。
私はその中でもルドゥーテとミュシャ(近日発売)に「萌え」でした。

生徒の皆さま 私は教えて良いと言われていますので
興味のある方は作りましょう。
絵柄を切り取って貼る。
接着したらその上に接着剤と仕上げ剤を塗るのが基本です。

シャドーボックスの合間に気分転換出来そうです。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村


関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2355-98f72b27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索