最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
限界を知る?
お知らせ
教会の額は9月5日に届く予定です。
ご注文くださった皆さまお待たしてしてすみませんがよろしくお願い致します。


プリントの厚みも違うので一概には言えませんが

シャドーボックスはどこまで細く小さく切って作れるか自分なりに決めておくのも
面白いかもしれません。
御自分の出来る範囲で楽しみながら最大限頑張りましょう。

今日は「うさぎちゃんの好物」と言っている人参の棚の絵を作っていました。 ninjin1.jpg
棚には細かい部分があってどこまで頑張るかなのです。

シャドーボックスの作品展向けですと先生方は細かく作り込みますので
これくらいは大したことありません(笑)
saya1.jpg

目安としては直径1.5ミリなら切って丸みを付けて貼れますね。
ピンセットでつまんで切り口に色も塗ります。
ピースのお豆がやっぱり細かくて「くしゃみ注意警報」発令です。
saya2.jpg
iro1.jpg
iro2.jpg
紙の切口はカッターですと尚更白く光って目立ちますので丁寧に色を付けます。
マニアック過ぎてひいてます?

私は普段生徒さんに「直径3ミリ以上は表現しましょう」とお声かけしています。

・綺麗に切る
・丁寧に丸みを付ける
・ずれずに程良く貼る

私は常々この3つの技術が伴わないと良い作品にならないと思っています。

なので自信がなければ例えばビーズやペップに代用も良いと思います。

ただし異素材を使う場合は自然な立体感があり馴染む色合いでないといけません。

もしくはキラキラするなど付加価値があることが望ましいですね。

今回は金属定規10ミリのところに乗せた銀色のが秘策です。

はげみになりますので下のバナーをポチとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村

関連記事

この記事に対するコメント

やめて〜死にそう。。シャドーをやっているひとってすごすぎる。
【2014/09/02 09:33】 URL | hiromi #- [ 編集]


hiromiちゃん
マニアック過ぎて入って来られないのも問題ですね。
展示会に出すとなるとチェック入りますから(笑)ここ切ってある!!とか・・・。技術の高さを見せるのも大事なことですし小さい作品だと尚更そこで頑張らないと。
でも楽しく作っているから大丈夫よ♪
【2014/09/02 10:17】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2325-d19168f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索