最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
額装はいかに?
 
kado sakuhin gaku
とりあえず規格の黒い額に入れてみました。
オーダー額とデザインマットは注文中です。

もとのカードを土台に使って額装する場合はこのようになります。
テキストでは1枚目のAの土台がこの部分で
カードが見開きなので全て作ると八切りサイズ27㎝×38㎝の見応えある作品になります。
お正月向けカードですが1年中飾れるのが魅力だと思います。

中央に折り線が入りますのでモデラーで少し凹凸を潰しましょう。
私は絵柄部分も表裏潰して目立たなくしました。

kinu sakuhingaku
私は背景を梅模様のグラデーションの絹にしました。
随分探してイメージ通りのものが見つかりました。
サーモンピンクからピンクへ色の変化があり梅の地模様が入っています。

これだけでも良いくらいですが梅模様のデザインマットを入れる予定です。
最後にブリッジでつないだ部分を切り落として固定します。

飛んでる梅はブリッジで浮いていますが
制作途中はおまぬけでも大変便利なんですよ。
ピースの管理が省けますから。

一つだけ額装するなら多めに(余った)梅を散らしてバランスを取っても良いでしょう。
カードはアレンジできるように一応残りを保管しておくのが基本です。

やはりおめかししたくなり
ア赤いビーズを梅に見立てて周囲に散らしました。

絹の布は白い台紙にぴったり両面テープで全面貼ります。
この布はいずれ額が出来たらまた受注で伺う予定です。

たくさんの方がこの作品を作って笑顔になれたら嬉しいです。
シャドーボックスらしい面白い作品かなぁと思っています。
ume last - コピー
はげみになりますので下のバナーをポチとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村


関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2316-b6f3f2de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索