最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
右上の撫子 ほか
お知らせ
毎月恒例の25日0時からの売り出しは今月夏休みを頂くことにしました。
減力運営はしておりますが梅他クリスマスキットを22日から24日に発送致します。
御予約くださった皆さまどうぞお楽しみに!

春秋紋様今日だいたい出来ました。

右上にあるのはピンクの撫子?紅葉やキバナフジ?ミックスです。

花が枠の下にあったり
上にせり出したりしていますのでこの部分はちょっと工夫しないといけません。
migiue.jpg
だいたい出来てニスをかけたところです。艶がつくと色味が落ち着きます。



テキストでは順番を考えて指示してありますが
前後が番号で書ききれませんので絵柄で確認してください。
DSC01313.jpg

枠を3ミリ持ち上げるのなら下から上へせり出すのでも作れますが
中央のピンクの撫子で隠れる部分は切り込みを深く入れて
上へひっぱり上げるようにします。

この配慮一つで枠の上に葉や花が出しやすくなるでしょう。

撫子の中央の花芯は大きなスタイラスがあれば
裏返して上から垂直気味に丸みを付けてください。
無ければ絵筆の端やペンのおしり等を利用します。

藤の花も余力があれば花弁だけを重ねるとさらに立体的になるでしょう。
DSC01310.jpg
梅の花芯は左下のようにまず先端を丸くしながら外周に沿って気をつけて切ります。
その後しべの間の空間を落としていきます。
尖った部分が出来ないように切る最も合理的な方法だと思っています。
DSC01311.jpg
梅の花弁の隙間 微妙です。

テキストは細かく書いているつもりですがさらに工夫して
切って貼って頂けたらと思います。
私は一応中級者レベルを想定して書いていますので。

はげみになりますので下のバナーをポチとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村

関連記事

この記事に対するコメント

まったく紙とは思えません。
滑らかなに丸みが本当に美しく、じっと見ていたくなります。
ドライアイに注意!です。(笑) 
「“美しすぎる”丸み」、ですね。
そして、花芯が、「ひー!」なら、、花弁の隙間は「は~!!」です。
あ、失礼いたしました。(笑) <(_ _)>
【2014/08/22 08:41】 URL | May #SFo5/nok [ 編集]


シャドーボックスの面白さの一つは立体感のほか質感も変わることだと思っています。
特に大きい梅の変わり方が想像以上でした。
並んだ写真の12時の花弁だけ丸みをしました。平面と立体の違い・・・奥が深いですね。
感心して頂きありがとうございます。
【2014/08/22 08:50】 URL | kazumi #- [ 編集]

有り難うございます。
「鬼藤千春の小説」のブログへ訪問いただきまして、有り難うございます。今後ともよろしくお願い致します。
【2014/08/22 21:48】 URL | 鬼藤千春の小説 #g.qUwJtQ [ 編集]


鬼藤千春様 恐れ入ります。ご丁寧にありがとうございました。
【2014/08/24 00:46】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2311-5f157c21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索