最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
ひとひらの花弁
外の縁に沿って描かれた10枚程の桜の花びらは
幅3ミリ 長さ5ミリ程度でしょうか?

はらはらしたイメージですのでやはり少しでも浮かせたいものです。

こんな時以前ならシリコンを使ってグラグラしながらなんとか持ち上げたり
アクリルや針金を立てたものですが 今は粘着スチロールで楽々です。
DSC01308.jpg
コツはスチロールを細く切ることでおそらく誰でも2ミリ幅で切ることはできるでしょう。
1.5ミリに切ると割れやすくなります。

スチロールは何回かに分けて力を入れずに切った方が
断面がつぶれず美しく切れます。
オルファの細いタイプで刃を折り立てで作業しましょう。

たった2ミリ幅でも細いスチロールの粘着はちゃんと残りますので
手も一切汚れずに支えられますよ。お試しくださいね。
もちろんピンセットを使って作業します。

私は3㎜の厚みを2ミリ幅で切って使っています。
縁の上の花弁は1ミリの厚みで少しだけ浮かせました。


作品のお花部分が出来たら梅型の台に固定するのですが
その前には縁の色塗りの最終チェックをします。
斜めにして色々な方角に向け作品の切り口を絵柄と同じ色に塗ります。

桜の花ならピンク色の濃淡を紙の切口に付けていますが
下の層と上の層で色がずれている場合があるからです。

絵によっては絵柄の色より背景の色を塗った方が良い場合もあります。
紙の切り口が主張しない色を選んで塗ると立体感がより感じられると思います。

DSC01307.jpg

春秋トリオになりました!!

はげみになりますので下のバナーをポチとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2310-9f2a6033
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索