最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
菊の丸み付け
制作途中の画像から途中は随分変な切り方をするのだと感じる方もいらっしゃるでしょうね。

菊のように同じような花が沢山ある場合は
まずABCDE5枚のシートから必要な部分を切りますがピース同志繋げて切ります。


飛んでいる花弁等を細かく切りはずす=バラバラにすると
無くす、飛んで行く
つまむのもひっくり返すのも大変
どこか場所を確認するのに時間がかかる・・・など
要するに管理する手間が確実に増えますので出来るだけ繋げておきます。
kiku2.jpg

輪郭線の9割を目指して切ったら縁の色を塗り、丸みもまとめて付けます。

モデラーは一気に「同じ位置に、同じ角度で、同じくらいの力で」付ける方が揃いますから
似た花が並んだ今回のような絵柄の時は尚更つながっていると合理的に美しく作れます。

テキストで細かい斜線の入った部分=表現する箇所=丸みを付ける場所
に必ずモデラーの付け忘れが無いかチェックします。

それから位置を確認してパーツで組み立てます。

菊の花なら花の上に花芯を乗せて貼っておきます。
出来た花を葉の上に乗せて固定するとパーツが出来上がります。
その際は1ミリのスチロールを挟むなど
ちょっと方針を決めて持ち上げます。

テキストでは若い番号順に組み立てる指示しか書けませんが
実際にはこのように上の部分から組み立てて行くのもパーツが減って作りやすい方法です。

kiku3.jpg
小さくても見応えを感じて頂けたら嬉しいです。

DSC01302.jpg
2箇所できたら一層楽しくなってきました。
完成がイメージできてまた生徒さんの歓声も頂けるかなぁと・・・・
シャドーボックス作るのにどれくらいかかるかとよく聞かれますが
今回の場合制作時間は一日で1から2箇所が限界です。
毎日頑張ってますよ♪でも本当に楽しい時間です。

いつもおこし頂きありがとうございます。
はげみになりますので下のバナーをポチとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2308-6e1ab955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索