最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
次は菊です
kiku1.jpg 
新作春秋梅紋様の作り方

紅葉に続いて菊のパーツを作りました。

デイジー他放射状に花弁が広がる花は全て花弁の境目に切り込みを入れますが
花芯まででは実はまだ不十分です。

少しその先まで数ミリ切った方がより表情が付きます。
ただ小さい花だとバラバラになることもあるので
ランダムに深めに入れたりして加減します。

花弁の輪郭線を丁寧に滑らかに切ると可愛いお花になります。
逆に言えばぎざっとした部分があると可愛くありません。

この花は変則的で緑の葉には輪郭線がないのに
菊の花には茶で輪郭線があります。
この輪郭線の幅を一定に残しながら切るのが気を遣ったところです。
丁寧を心がければ端正な美しい菊になりますから頑張りましょう!

枠の持ち上げ方は紅葉とほぼ同様ですが白いスティロールを切って使いました。
理由は枠の色が白いからです。
斜めから枠の支えが見えても違和感がないでしょう?

スティロールはシリコンと違ってはみ出しませんしグラグラしないので
慣れれば使いやすいと思います。

粘着スチロールは厚み1ミリ、2ミリ、3ミリ、5ミリを使いこなすのですが
例えば高さに角度が付くように斜めに削っても良いのですよ。

皆さんどうしてもシリコンの名残でチップに切って点状に支えがちですが
支えと言うのは点、線、面で支える順で安定します。

この枠の場合はカーブした線で支えるイメージですね。
 
kiku2.jpg

いつもおこし頂きありがとうございます。
はげみになりますので下のバナーをポチとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村



関連記事

この記事に対するコメント

岡部様 個人情報ですのでただ今削除させて頂きましたがご注文確かに承りました。ありがとうございます。
【2014/08/25 08:36】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2307-1a900d2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索