FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
眼と錯覚
 先日、「渋谷からくりミュージアム」に行きました。
人間の眼は基本的には物を平面で見ているのでしょうか。
陰影で立体に感じたり、だまされたり・・・。

 青学と渋谷駅の間、246沿いですが見落としそうなこじんまりしたところ(2階)。
お近くを通った際にはだまし絵を楽しむのも一考でしょう。

 今日(9日)は習い事の後にその友人に1枚のDMを見せられました。
 
 DMの文に、「額の中に平面と立体を組み合わせた世界を表現した『起こし絵』」とありました。
 『ん?シャドーと似たところあるかな?』

 DMの写真にある建物の造形(照明入り、時計も動いてます。)が大変素晴らしく
 『是非この眼で見てこなくては!』
で、急遽松屋銀座7階遊びのギャラリー「起こし絵」を見に行きました。
 山岡進氏には図々しくお話を伺いました。遊び心ありますね。
 谷中の情緒あふれる作品には懐かしさと洗練された印象を受けました。
 鏡により奥行きを演出した作品は眼の錯覚で驚き!ですよ。

 寒くて雨強かったですが行って正解。とても楽しかったです。6月12日までです。

影の入れ方が絶妙なんです

 ↑からくりミュージアムの作品。立体に見えます。平らなんですが。

花心はペップを使っています

 ↑私の作ったハイドランジア。平面を立体に表現する。それにもいろんな手法があるのですね。

 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/221-77f453d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索