最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
艶々にしたい時は
シャドーボックス作品で艶良く仕上げるかどうかはお好みによります。

私は陶器のように光らせると丸みが強調されて立体感がより伝わると思っています。


また光輝く事で素材の紙の印象が弱まり
「いったい何で作っているの?紙?」と驚いて貰うのがちょっと楽しく思えるのです。
o kutushita

カードによって光沢で失敗したとか
思わぬ感じに仕上がったと聞くことがありますが

残念ながら仕上げに関しては自己責任で、と言わざるを得ないでしょう。

下処理のあるなし、ボンドの種類、使っている光沢剤、仕上げ剤などが
作る方によって違う為
相談されても教室外の方に私が的確なアドバイスをするのは難しいです。

一つ言える事があるとしたら
「予めカードの余白や切りくずで必ずお試しください。 」

それでも湿度やニスのかけ方で変わる場合もあります。

o tuya

こちら生徒のOさんの作品は素晴らしい光沢となりました。
うっとりするくらいの作品になり私も嬉しくなりました。

キャロル・ウィルソンのクリスマスカードです。
キャロルでも紫陽花などはニスを吸いこむマットな紙質で
同じ会社でもシリーズによって光沢の付きかたが違います。

またキャロルウィルソンの大半のカードはエンボス加工が施され
紙に型を当てている為にひびが入っていて
そのままいっぱいニスをかけると沁みたりしますのでご注意くださいね。
o kutushita gaku 

ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでバナーをぽちっとして頂ければ嬉しいです。
いつもおこし頂きありがとうございます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村

関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2207-368abf7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索