最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
切り口の処理
シャドーボックスではカードから必要な絵柄を切り取りますが

組み立てる前には切り口に色を塗って目立たなくさせます。

特にカッターで切った場合は切り口の断面が厚くなって目立ちますので

尚更慎重に色を塗ります。


私は絵柄にそっくりな色を塗るか
輪郭線の色を塗るか
背景になじむ色を塗るか

時と場合によって選んでいます。


ヴァレンタインのカードでは
キットを持っている方はテキストでご確認ください。

5-0の木がBのシートからオプション(お好み)で取る透かし切り
5-1の木がCのシートから取る透かし切りになっていますので

上級者は是非2枚頑張って透かし切りをして重ねてください。

今回は色を塗った場合とそのままの違いを見比べて頂くことにしました。
sukashi.jpg
左が色を塗る前、右が塗った後です。

私は切り口が白いと作品が紙で作ってあることを主張してくる気がしますが

処理してあると立体感に目が行くのではないでしょうか?

見る方を不思議な立体の絵の世界へ誘うような作品を作りたいので

あっちに向けこっちに向けしながらせっせと色を塗るのです。
fensu.jpg
葛西選手ではありませんが幾つになっても挑戦です!

フェンスの下部(音譜の上の赤い小さい所)1ミリ角を抜きました。
某塾の「やればできるYDK」って唄、オバサンにも響きます。(笑)

ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでバナーをぽちっとして頂ければ嬉しいです。
いつもおこしいただきありがとうございます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村

関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2174-ffea1c20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索