FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
和風オーナメント 2
昨日の続きです。

球状の物を立体にする時は中央を高くして全体としては傾けないように持ち上げ
丸みも左右対称形を心がけます。

葡萄なども同様です。とかく外側にある粒は斜めになりがちですが
角度が付くとおはじきのイメージになってしまうと私は思っています。

仮にだいたい並べてみました。右下のブリッジは切り取ります。
4UKASU.jpg
シリコンで支えず粘着付スチロールで支える場合は外周のカーブより小さく円形か正方形に切り、
絵柄の中央に貼ると自然に丸い物が正面に向きます。
高さが足りなければ1ミリ厚のスチロールを積んでいけば匙加減が簡単です。

そのようにしてバランスをチェックしてから木工用ボンドで一気に固定しました。

要するにスティロールで高さの調整をすませてあるので今度は2次元の絵柄合わせに集中できるということです。
シリコンで作る場合は2次元(絵柄がずれないように)と
3次元(高さを出す)を同時に調整するので合理的なようでいて実は不安定だから難しかったのですね。

5URA HOKYOU
2か所紙巻きワイヤーで補強しました。
6 KANSEI

額に入れると目黒雅叙苑風です。 
下のシャドーボックスのバナーを押して頂けると嬉しいです。
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村

関連記事

この記事に対するコメント

とてもわかりやすい説明でした。
まだ作っていないので参考にしたいと思います。
ありがとうございました。
【2013/12/28 13:05】 URL | スヨン #- [ 編集]


スヨン様
お役に立てれば嬉しいです。来年も張り切ってお伝えしますのでよろしくお願いします。
どうぞ良いお年を!
【2013/12/30 01:38】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2127-6ed5f35d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索