最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
花と雪のオーナメント2
花と雪のオーナメント 2

今回はシリコンを一切使わずに作ってみました。

粘着スティロールは今回多くの部分で1ミリの厚さがお勧めです。
スティロールはまず細長く2㎜幅に切って剥離紙をはがしながら鋏でチップに切って
左手の人差し指に乗せながらピンセットで貼って行きました。
4 1miri suchiroru
接着剤で一切手が汚れませんし小さな実や小花も簡単に持ち上がります。
本当に小さな実は2ミリ角のチップを使いました。
接着は1ミリの幅で出る木工用ボンドを使います。

リボンの部分にはワイヤーを貼りました。
私はチェーンに小さな穴を空けたのでこちらのワイヤーは見えても良いように予め水色に塗っています。

今回使った粘着スティロールは円形に切って裏にも貼っています。大きさを変えて2枚3枚です。
オルファの円形に抜くカッターを使いました。

スチロールは適当に切って支えればその時は良くても時間が経つと紙の吸湿により歪む事があります。
どうしても出てくるモデラーによる変な歪みも支えるスティロールの形によって補正できると私は思っています。

金の花は細かいですが切り込みを入れると華やかなかわいい小花になりました。
hanatoyuiki kansei
高さのコントロールをする際
例えば花の裏面にスティロール貼る場合とこれからピースを乗せる土台側に貼るのと臨機応変にやって行きます。

1ミリのスティロールは重ねるのが簡単なので高さのコントロールがしやすいのです。

バランスを取りながらボリューム感を出しつつ毬状に組み立てるのが目指すところですね。
hanatoyuki zentai
キットを持っている方は是非参考になさってくださいね。

ブログランキングに参加して励みにしております。
下のシャドーボックスのバナーを押して頂けると嬉しいです。
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2122-e557a8ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索