FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
上げ底の勧め
クリスマス特注額がお手元に届いた方から作品の高さについてお問い合わせを頂きました。

尚キャンディケーンのマット、リボンのマットペンギン用額が月曜朝の時点でまだ届きませんので
それらを含むご注文の方はあと少しお待ち頂けますでしょうか?
マット窓の変更の方、四つ窓の方も後になっております。

予定より遅れています事お詫び申し上げます。

さて今回の額は通常「裏ぶた1枚を額の箱状部分にセットする」のとは違う方式で作られています。
gaku.jpg
裏ぶた部分は「中桟部分(高さ)がL字状になった額屋さんオリジナルの木の部材」にセットされています。

小さな額でも通常自分で立てたりするウォールマットの処理が済んでいて裏ぶたの不用な余白がありません。
10mirisnowman.jpg
スノーマンのウォールマットはシルバーでサンタさんはゴールドですよ。華やか~♪

それでいて取りはずしはフレームの裏側で出来ますので
後でガラスを磨いたり作品を修正したりもできます。

ただこの部材はあまりたくさんの寸法がないので今回の絵柄にはちょっと深いのです。27ミリです。
そのままだと女の子が額の奥の方にいる感じになります。
30miri.jpg
高さと言うのは低いと制約の中で抑えるのは苦労しますが高い分にはこの額の場合簡単に調整できます。
額の裏ぶた部分に先ずスティロールを入れて作品を置いて高さのバランスをご確認ください。
5ミリ厚で1枚か2枚ですね。
作品に高さをしっかり出したかどうかでその調整は人によって変わります。
agesoko.jpg
土台の絵を貼る際その下にスティロール10ミリ持ち上げるとこんな感じです。

ただふくろうと頭にプレゼントを乗せたサンタさんは土台の黒いボードマットを使いますので
作品そのものを高めに作ってください。
黒いスティロールを使えば全く目立たなくて良い感じに上がります。

額を御購入くださった皆様、ご不明な事などありましたらお気軽にお問い合わせください。

ブログランキングに参加して励みにしております。
下のシャドーボックスのバナーを押して頂けると嬉しいです。
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2100-5a259513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索