FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
トンボがヒント
ステンドグラスのハチドリのキットは高速道路を使って(遠路はるばる)守谷のジョイフルホンダへ行った時、手に入れました。
 アメリカ製で、中央の金属でできた体のパーツと説明書が入っていました。
 羽の型紙に合わせて色ガラスを慎重に選びました。
上野のアールデコ展でポスターにもなったトンボのブローチに感動して青からエメラルドにかけての配色をどうしても使いたくなりました。少しだけでもあの美しさに近づけたら嬉しいです。

 ハチドリは滞米時に庭によく来ていた鳥です。あちらでは人気が高く図鑑もよく見かけました。
地味な色の種類もいますが、首のあたりがコバルト色に光ったような種類もいます。
 私はフクシャのハンギングの横に蜜を吸いに来たようにテグスでこのお気に入りのハチドリを下げています。

 風雪に耐えるという言葉がありますが、外の日差しと雨は思いのほか物を傷めます。
木にトールペイントを施した作品は悲しいかな、我が家では幾つか短い生涯を終えました。
(ポリウレタンヴァーニッシュは強いと聞いて何度か塗りなおしても何年ももちませんでした。)
 その点、窓によくはめられる位ですからガラスとハンダが素材のステンドグラスは耐久性抜群です。長生きして欲しいものです。

PICT1582.jpg

PICT1496.jpg

関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/21-49b4f709
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索