FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
繋げて切ると良いことが
富士山と鶴のカード 人気があるので見本を制作しました。
また10人分入荷の予定です。
sakuhin.jpg

透かし切りの際は端からただ抜いて行くのではなく、いくつかのコツがありますので参考になさってください。

まず「抜くのが面倒だな」と思ったそこのあなた!
作業時間のはじめにこそ透かし切りをすべし。(笑)

これには理由があって作業の始りはやる気、集中力があるからです。

それからもうひとつ安定的に抜く為です。

鋏で切るのが好きな私でも透かし切りではカッターを使います。

もしも外周の輪郭(今回は流紋の全体の輪郭)を切り取ってから中を抜いたら非常に不安定になるので

まず抜く部分があったら先に抜いてから後で周りを切り取るという手順になります。

その方が紙片を抑えやすいし、千切れるリスクが減ります。
ryuumon1.jpg

もうひとつ・・・・とっておきのコツを。

私はよく紙片を繋げて切っておいて段階的に切り離します。

この流紋は金で描かれていますが途切れた不安定な形なのです。(↑上の写真)
ryumon2.jpg
そこで私は適当に自分で外周(黒い部分)で繋げて切っています。
特に一番下の辺はマットで隠れますので2ミリ幅で繋げておきました。

そうすると強度で安心ですし不用な歪みが出にくくなります。

DSC09468.jpg

つながった状態で丸みをつけて色塗りをする。
ryuumon3.jpg
最終的には出来るだけ切り取って行きますが仕上げの直前で構わないのです。

やっていない方は是非お試しください。作りやすい筈です。

皆様のご協力に感謝致します。励みになりますのでポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2015-1a9739eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索