最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
先駆者
習い事の世界では先生に教わると多くの方が「そういうものだ」と

自然に技術を習い(踏襲し)ますね。

自分は教える立場ではありますが私自身は「先生が全てにおいて完璧」だなんて思っていません。

シャドーボックスでは絵を持ち上げる際はシリコンボンドを使います。また

「シャドーボックスを作る時はカッターでやるものです。」
と決まったことのように昔聞いた経験があります。

どこでどういう理由でそう決まったのでしょうか?
sano p
生徒のSさんの作品です。ルドゥーテのプリムラ

シャドーボックス愛好者はある意味で 皆が先駆者であって良いのではないのでしょうか?

時には教わった技法を疑ってかかり、違う方法を試してみても面白いと思います。

違う発見もあるでしょう。

比較によって「習ったやり方がやっぱり最良だ」と確認できるかも知れません。
koduka bara
生徒のKさんの作品ルドゥーテの八重咲きのバラ

他の会派の皆様と交流を持ち、作品を拝見する機会が増えてシャドーボックスもずいぶん進化してきたと思います。

良くも悪くも作品には全て「やり方」があり技術はそのまま表面に現れるものです。

常に追い越され、置いていかれる危機感を持って私も精進したいと思っています。

ご協力に感謝致します。励みになりますのでポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村
関連記事

この記事に対するコメント

こんにちは。
シャドウボックスの世界の進歩の早さについていけず焦るばかりです(@_@)
トールペイントの世界と違って、シャドウボックスはカリキュラムやマニュアルを作るのが難しいと聞いております。
自由な発想や表現力が認められているので、奥が深いクラフトだと感じます。
が、その反面、
マニュアルが統一されていないので、戸惑うこともしばしば…

情報収集や、努力が欠かせません。
先生のブログで技術を惜しみなくご紹介いただけるのは、心強いし、有り難いことです。
いつもありがとうございます。
お勉強させていただいております(#^_^#)
【2013/08/04 10:50】 URL | fuuko #- [ 編集]


かたい内容にコメント頂きありがとうございます。励みになります。
私はトールより難しいとも思いませんがマニュアルが統一していないのは確かですね。
私のテキストは細かく指示して貼る番号も書きますが教室で詳細を聞くのが前提のような簡単なテキストもみかけますね」。教室のあり方や情報の出し方もずっと模索しています。
普及させたいんですけどね。お役に立てばうれしいです、
【2013/08/04 14:54】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2013-7bad2418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索