最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
バラの妖精の作り方
バラの妖精評判が良くて気を良くしております。
7月8日おかげ様で追加入荷分も売り切れました。
ありがとうございました。

見本を作りましたのでお手元にキットが届いた方は是非参考になさってください。

テキストを作っていて感じましたがこの妖精シリーズの中では最も作りやすかったです。

kiru.jpg
テキストの左からB C D Eとだいたい切ったところです。丸みをこの段階で少しつけて切口を塗ります。
切口は絵の色を選んで塗るのが基本ですが背景が黒なので黒にしたり時には金にすることもあります。

1bubunn.jpg
若い番号順に並べました。左から右へ重ねていきます。
作りやすさも追求して糊しろも確保したテキストを書いています。

DSC09432.jpg
羽のすきまの黒い部分を一部くさびで切り取りました。また羽はフラットに作るので細かい模様は切って貼らないテキストを書きましたが私はお団子の左側の白い部分をBから切り取って足しました。
作ってみてこうしようああしようと思うことはあります。
テキストは詳細に書いているつもりですが中級者向けに書いています。
是非アレンジして細かく作ってください。
もう一箇所私は茎の部分を2重にして棘と茎の層を表現しています。
barawaiya.jpg
バラは茎にワイヤーを貼ります。羽の付け根や左脚に貼っておくと良いです。
下にAの土台の絵を置いて組み立てます。丁寧にするならAは汚れないように透明な袋に入れて行います。
上部の羽の絵が切れているのでアーチのマットに収める場合は自然に見えるように羽をDから切って足します。
baramarumi.jpg
バラはシンプルなのでかえってボリューム感と柔らかな表情つけが大事でしょう。
いびつにならないように正面に向くようにすること、がくとの高さのバランスを気をつけました。
全体は黒のスティロール5ミリ厚で持ち上げました。バラの部分はさらに5ミリ上げています。
茎の下部は2ミリ細さに切った黒スティロールを2段積みして1㎝上げました。アクリルの棒より安定します。
bara hane
アーチのマットでも違和感ない羽でしょう?
妖精さんの脇の下窪ませました。ノースリーブの次女にモデルになってもらって確認(笑)

皆様のご協力に感謝致します。励みになりますのでポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村
関連記事

この記事に対するコメント
プリント
こんにちは~
今日プリント届きました。早々に送って頂き素敵はプリントに驚きました~
見た事がなくて?好評なのがわりました。
関西での作品展にお声はか方のですが出展はしません。
今日は本当に有難うございました。
【2013/07/08 17:26】 URL | レディーローズ #ZeGLz96. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/2006-129567fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索