FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
韓国の色
 「韓5色」とは赤、黄、白、黒、青(食品だと緑)を言い、それぞれ
火、土、光、自然、水の意味があるそうです。
(ヨン様がトレーニングした時も5色の野菜を毎食摂っていたと話題になりましたね。)
 様々な所で使われる韓国の代表的な配色のため、私のイメージも韓国の人ははっきりした色使いが好みなんだろうと思っていました。

 韓国に行く前、在日韓国人でパッチワーク好きの友人に「ポシャギ」の話を聞きました。
「韓国にも古くから絹などをつないで再利用するパッチワークがあるのよ。やっとこのごろ布が日本にも入ってきたわ。」
「へぇー。じゃぁ、できるだけ見てくるね。」

 聞いていたお陰で博物館に行った際、ポシャギの絵葉書を見つけ、2種彼女へのお土産にしました。一つは原色系でもう一つはパステル系の配色でした。「おや、淡い色も好むらしいぞ」

 韓国ドラマで婚約式や結婚式のシーンがあると、お金持ちの女性が上品な絹のチマチョゴリを着ているのをよく見ます。素敵!とそちらの衣装に目が行きます。大抵淡い色のグラデーションと色の対比をうまく使っています。高級なものはポシャギや手刺繍の技法も入るようです。
 写真は安価なお土産にした巾着ですが私は韓国らしさを感じました。

 ロッテデパートに並んだ服から、韓国の人々は男女とも明度の高い色を好む印象が加わりました。ベッドリネン売り場ではパステルのロマンティック好きが予想されました。
 色だけでなく、その他いろいろ似ていて非なる国でした。
 行ってみないと解らないものです。
PICT1576.jpg

関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/20-be40d840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索