最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
花とキャンドル 制作風景
新作の花とキャンドルの制作風景をご紹介します。
キットはビーズ付きで6月25日からの月末5日間 私のネットショップで販売する予定です。


テキストに沿ってまずは只管5枚のカードから必要なピースをバラバラにしないで切りました。

今は花ごとに通し番号をふっていますのでそれぞれのカードから順番に切り取り並べました。
分かりやすいように殆ど並べましたがもしも教室などで作業するなら
その時間内で組み立てられる分だけにすれば良いでしょう。
「今回は奥のバラ三つを作る」という風にすればピースの管理が楽で達成感も得られます。
cand2.jpg
エッジに丸みをつける前に切り口の白い部分を絵と同じ色に塗ります。
背景を黒にするなら例えばキャンドルの切口は黒にしても良いのですがとりあえず茶で。
色は淡い色を濃くしていく方が調整出来て良いのです。

cand3.jpg
各花ごとに組み立てていけばぐっとピースは減ってしまいます。
切り取ったピースで穴だらけになったお皿の部分に透明のテープで穴ふさぎをしたり
強度を増すためにキャンドルの裏に紙巻きワイヤーを貼る下処理もしています。

cand4.jpg
若い番号順に奥の方からシリコンを乗せて貼っていきます。
この作業は本当に早く一気にやった方がそれぞれ立体になって生じるずれを調整できます。
簡単に言えば少しずつ丸みがついて小さくなるのでそれが目立たないように
鑑賞する視点で合わせて行くということです。
cand5.jpg
中に金の花が2個あってどうしようかと思いましたが切り込みを入れて立体的にしてから
花芯にビーズを貼りました。
cand 6
右のオレンジの母も花芯を付けましたがそれを取ってオレンジのビーズにしました。

お皿の縁にも金の丸いパーツを48個貼っています。
メルマガを読んでいる方はビーズの貼り方を今年3月20日付けでご紹介していますが
その後さらに進化していますのでキットのテキストでご説明しますね。


皆様のご協力に感謝致します。励みになりますのでポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1997-14662eff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索