FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
展示会覚書
作品展の際には多くのこなすべきことがありますので今後のために記録しておきたいと思います。
生徒さんの出展作品とともにご紹介いたします。

まず作品展にテーマがあるならそれを意識します。

展示会に出す作品は原画作家もしくはプリント会社や販売店に問い合わせて展示許可を取っておきます。

季節感やお花、風景等絵柄別 作家別、プリント会社別等などいくつかにまとめた方が統一感があるように思います。
DSC09218.jpg
生徒のIさんの作品です。端正な魅力の赤いバラです。

コーナーで分けてテーマやシリーズ別に飾る方も多いですね。また額装の工夫もあるでしょう。

会期、、場所、面積、予算などを考慮して展示会場を押さえたらピクチャーレールやフックをチェックしましょう。

実は今回それが思いのほか手間取る原因でした。非常にごつい釣り金具で額がかけられなかったのです。

壁にレールをステイプルで打ちつけられるなら前倒しでも大丈夫なのでその確認も必要です。

下見は勿論したのですが4メートル以上の壁で昇降機を使って金具やライトを掛けるのは初体験でした。
15 oyamada bara - コピー
マーブル紙を取り入れたクラシックながらも甘めの額装で。Oさんの作品。
展示会DMを一か月前には印刷し発送します。(出展予定作品の画像でデザインします。)

出展作品は小さな画像に縮小して印刷し額サイズを計ります。レイアウト図を作り事前に飾り方の検討をします。

タイトルプレートを作ります。絵のタイトルと制作者名と原画作家名(販売なら価格)を入れます。
私はだいたい名刺大に作りますがそのほか工夫した事をキャプションで表示するのも親切かもしれません。

持っていくものは
展示関連のもの(ドリルやネジまわしやフックや予備の紐など)
梱包関連の文具、(はさみやテープ、梱包材、マジック)
装飾のための物 (テーブルクロスやイーゼルや額スタンド、その他)

受付には芳名帳、DM、メモ、教室案内、名刺、作り方の説明額、お当番表 作品の破損に備えて用具一式。

作品リスト(リストには出展者の名前と連絡先、作品名と搬入搬出の方法を書きました。)

その他お花やオープニングパーティの飲食物の手配

お客様へのお礼の品や記録のためのカメラやビデオなど。

展示会場の案内板か表示、サインボードやタイトルがあると親切でしょう。

額の箱には作品画像と作品名制作者名を貼っておくと片づけてもすぐ探せます。
16satoh san - コピー
写真でも丁寧さが伝わりますね。Sさんの作品

今回ピクチャーレール係(数を確認管理し、返却する責任者)と

搬出チェック係を決めましたのでスムーズでした。額を持ち帰る際、係に一声かけてからお帰り頂きました。
変更もあり、誰が何を持ち帰ったか、お友達の分を頼まれて持ち帰る場合もあるから確認は大切です。

搬入の段取りについては予め文書でお知らせをして搬出の段取りは作業のはじめに口頭で流れをご説明しました。

片づけはあっという間の40分で終わったのでつくづく皆さんの助けでうまくいったと感謝しています。

私は今まで合同展に参加してこれらの多くを学びましたので展示会をする方は参考になさってください。

お知らせ
3DSBA会員 スタジオS&S主宰 吉野智子(さとこ)先生のシャドーボックス作品展が
本日6日(木)~10日(月)まで開催中です。

時間は10時から18時まで(最終日は15時まで)
場所は小金井市民交流センターB1F 市民ギャラリー 042-380-8077
最寄駅 はJR中央線 武蔵小金井駅 南口徒歩1分


私は明日伺う予定でおります。


皆様のご協力に感謝致します。励みになりますのでポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村
関連記事

この記事に対するコメント
煩雑
 細かい手順 細かい段取りが必要で 展示会は頭も体も
 目いっぱい使いますね。忘れないように 間違えないように それだけでも 
 大変と思います。
 美しいものの展示の陰には 大きな仕事 小さい心配りもいって 
 あらためて 感心しております。
  
【2013/06/07 05:46】 URL | 小紋 #- [ 編集]

ありがとうございます
実は今まで自分の教室展はやっていないに等しかったのです。
昔のトラウマも乗り越えてこれからは数年置きにしたいと思っています。
活動はどこでどう結びつくか分かりませんがシャドーを普及出来たら良いなぁと思います。
ブログ散歩できるようになってうれしいです♪
【2013/06/07 08:36】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1986-306fa1a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索