FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
見たことのない世界を
シャドーボックスは通常はプリント(印刷された絵柄)を複数枚使って立体的にするクラフトアートなので

絵柄が手に入れば誰が作っても似たような作品を作ることになりがちです。

なので自分の教室の特徴を出すために主宰者は絵柄を探したり作家さんに頼んでみたりするのです。

単に珍しければ良いというわけでもなく美意識に適い
立体に向く絵柄を選択し、許可の問題をクリアーしなければならず、案外制約も多いのです。

私は誰もやったことがなさそうでまた自分が好むという理由から
過去にウィリアム・モリスの壁紙を3種立体にしました。

これらは丸善や東京フォーラムに出展させて頂きましたが
「モリスの壁紙で作る」というコンセプトを打ち出して
私の特徴を出したいと思ったのです。

一番好きな苺泥棒の絵柄はは壁紙が手に入らなかったので水彩画家の真理さんに
現代的なアレンジで描いて頂きました。(王子展にも出します。)

今回の挑戦はサカイタカシさんのグリーティングカードを4枚分風車のように繋げて
正方形の額に収めた作品です。結局16枚のカードを使っています。
DSC09196.jpg


何しろグラデーションの色合いが絶妙でこの小花の彩なす世界に浸って制作しました。

有機的なうねりの表情を出したくて裏にはマスクメロンのようにワイヤーを貼っています。

生徒さんには透かし切りのレースのようだとも言われましたが

私としては珍しくちょっと前衛的な作品になったと思います。

額装はマットやビーズなどで
またかわいげを加えていますのでどうぞ詳細は王子北とぴあの会場でご覧になってくださいね。
DSC09192.jpg

皆様のご協力に感謝致します。励みになりますのでポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村

関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1980-21388923
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索