最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
額装の工夫
シャドーボックスほど額にこだわるクラフトアートはないかもしれません。

水彩画の額装には絵を生かすためマットに強い色を使わないなど
暗黙のルールのような物があると伺いました。

立体作品を入れる都合でシャドーボックスは厚みがありますが
作品によって厚みも様々に変えますし
マットとガラスの間にも隙間を設け、より空間を豊かに表現したりします。

こちらは先に額があり、生徒さんが気に入ってルドゥーテのプリムラを収めました。
マットはスエード調のベージュで上がアーチの変形マット下はプリムラと同じ青紫色です。
35sano31 - コピー

通常優しいエレガントな額装が私も生徒さんたちも好みなのですが時にはこんなシックで渋めも良いなぁと思います。
絵柄に色が良く合っていて絵にボリュームがあるので額に負けていないでしょう?

額のテクスチャーや彫の装飾部分も絵柄のモチーフや何かの形に合わせて選ぶのも楽しいです。

お任せもありますが殆どの額装は生徒さんの好みを考えながら額を選び、大きさを決め
マットの色やデザインを考えてますのでずいぶん時間がかかりました。

特にマットのデザインは今回の王子展ではお楽しみ頂けると思います。
古式ゆかしいフレンチ額装のラヴィという装飾と
最新レーザー加工など先端技術を用いたマット加工があり全て違います。

でもまずは作品を褒めて頂けるように皆様はりきっておりますけどね。(笑)

皆様のご協力に感謝致します。励みになりますのでポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1977-23590e5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索