最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
Strawberry Thiefシャドーボックスキット 作り方のコツ6
おかげ様で苺泥棒オリジナル・プリントキットは好評です。
ありがとうございます。
ネット注文ですとサイズ違いパーツ違いで10種あり
送料無料でプリントが1枚サービスされます

4月18日~22日まで「東京フォーラム シャドーボックスイン・ジャパン2012でも販売させていただきます。
出来上がり作品をご覧になっていただけたら嬉しいです。


中断していた苺泥棒の作り方を再開致します。

過去の記事はこちらです。
3月25日 オリジナルプリント 苺泥棒を作るまで
  26日 滲んだ輪郭線を切りやすくする方法
  27日 つなげて切ることの勧め
  28日 背景に影を入れる 層で重ねる考え方
  29日 重ねてはみ出した下の層の処理方法
  30日 針金を使う場合 2通り

今日のコツはパーツで作る方法の利点
色を塗ったスティロールを使って持ち上げるやり方です。

切って丸みをつけたらパーツで組み立てます。

私は最初に羽だけで10枚くらいあるつぐみを作りました。(遠い目)

パーツで作る利点はピースの管理が減る事と
達成感が得られるからです。
DSC06875.jpg

持ち上げる際のコツを書きましょう。
層で重ねた場合同じ高さで段々に重なる方法がありますが

私は斜めから観た時の揃った層の美しさより
正面から見た時に感ずる立体感を重視して高低差を付けています。
DSC06876.jpg

ただ今回はプリントの1枚目Aと2枚目Bを透かし切りにしてほぼ機械的に持ち上げましたので
支える為の大量のスティロールを用意しました。

DSC06874.jpg

スティロールは斜めから覗いても全く見えない位置に貼るのは結構気を遣いますので
見えても気付かない「保護色作戦」実行しています。

私はトールで買ったアクリルペイントをたくさん持っています。
DSC06778.jpg
スティロールを細長く切ってから白い断面を絵柄と同じ色に塗っているのです。

DSC06780.jpg

この方法ができる方は限られると思いますが色を塗らないにせよ
高さを出す際シリコンボンドを主体にせずに片面糊つきのスティロールを挟むと
かなり早く綺麗に持ち上げることができると思います。

シリコンはスティロールの表面に付けて固定に使います。
薄く使うので重くなりませんし早く固まって効率が良いと思っています。
それから私にとってはお金(シリコン代)が少なくすむのも大事なことです。

スティロールを慎重に切れば細く幅2ミリくらいにできます。
しっかり5mm位支えてもらえます。
どんなに器用な人でもシリコンでは2ミリの幅で5mm持ち上げることはできないですよね。
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1776-dbe66702
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索