最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
Strawberry Thiefシャドーボックスキット 作り方のコツ3
シャドーボックスの作り方には

層で重ねて立体感を出す方法と

層に重ねずに立体感を強調する方法があります。

それぞれ表現としては一長一短がありますが私は今まで重ねないタイプを多く作ってきました。

でも今回のいちご泥棒は敢えて重ねる方法を採用しています。
理由は絵が平面的にデザインされているからです。

本当に立体的な絵(究極は写真)はシャドーボックスにしても
あまり変わり映えがしないと思っているので
私は作らない方針です。
また写実的なボタニカルアートですと実際の植物は1本なので
茎が何本も層になっているのは違和感があり、重ねません。
satoh san
かと言っても花びらにボリュームを出そうと思えば1枚で表現するのは無理な事も多いです。
P7010348.jpg


ルドゥーテのローズリースも層に重ねないとドーナッツ状のボリュームが出せません。

つまりは絵柄によって、それも部分によって重ねるかどうかは変わるのです。

苺泥棒は立体にして変化する面白い絵だと思っています。

インディゴブルーだったオリジナルの背景を白にしたのはアレンジがしやすくなるためです。
それにシャドーでさらに深みが出ますので現代のインテリアでは色が重厚すぎると思いました。

私は韓国展に出した図録の作品(スワロつき)では1枚目Aの土台を裏蓋に貼っています。
DSC06747.jpg
東京フォーラム出展作品は背景をアクリルで白く塗って絵柄に合わせてグリーンやブルーの影を入れ

1枚目Aも透かし切りにして浮かしました。

ひそやかな森の深み、奥行き感を層の重なりと影で表現したかったからです。

でもAとB合計2枚のプリント総透かし切りをして腱鞘炎になりかけました(笑)

「そうなんですよ」(←だじゃれかい)
DSC06749.jpg
関連記事

この記事に対するコメント

こんにちは♪
やっと春めいてきて、この季節にピッタリの絵ですね
絵柄にあわせて、色をあわせて影をいれるなんて素敵です
思いつきませんです
会場で見せていただくつもりでいます
楽しみにしています

↓シリコンって冷凍できるんですね
これもまた思いつきませんでした
【2012/03/28 15:13】 URL | Rika #- [ 編集]


Rika様
背景に影を入れるのはトールや樹脂作品でよくやる方法なんですよ。
今回のはおくーの方になってたぶんよく見えないと思いますけどね。自己満足な気もしています。
楽しみにお待ちしております♪
【2012/03/29 09:29】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1773-2715f49f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【Strawberry Thiefシャドーボックスキット 作り方のコツ3】

シャドーボックスの作り方には層で重ねて立体感を出す方法と層に重ねずに立体感を強調する方法があります。それぞれ表現としては一長一短がありますが私は今まで重ねないタイプを多く作ってきました。でも今回のいちご泥棒は敢えて重ねる方法を採用しています。理由は絵が... まとめwoネタ速suru【2012/03/28 11:27】
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索