最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
苺泥棒再び
今年は4月18日から東京フォーラムの展示会に参加する予定です。

こちらは全国のシャドーボックスの主宰者や講師レベルの方々が210人位合同展示するもので
かつてない規模となりそうです。
DSC06678.jpg1時間で抜くのはハガキ1枚分ってとこでしょうか。

「苺泥棒」というのはイギリスデザインの父と呼ばれるウィリアム・モリスが
制作した有名なテキスタイル、壁紙のデザインです。

私はこれを長年3Dににしたくてずっとプリントを探していました。

テキスタイル(インテリアファブリック)まで入手しましたが印刷が出来なかったのと
色合いが重厚(さらにそれを立体にしたらさらに深みが出て)過ぎるため

同じ図案を現代的アレンジで蘇らせました。
絵は水彩画家真理さんのお力を借りました。

丸善で開催された全国規模の1回目、2回目合同展示会でも
私ははウィリアム・モリスかその弟子による
壁紙を立体にしていました。
あまり壁紙で作る方はいませんので独自性が出せるかと思っていました。
丸みをつけるのは難しい紙でしたが。
DSC06679.jpg
2枚抜きに挑戦中です。全面ほぼ透かし切りなので鋏の出番がありません。

今回は第3段にしてオリジナル・プリントというわけです。

韓国展に出展した同じ苺泥棒のプリントは
既に欲しいというお問い合わせを頂戴しましたが4月に発売の予定です。

作品展様にもっと大きいサイズをさらに2倍の面積で立体にしようと思って
自分用に印刷しました。

いよいよお尻に火がついて制作にかかります。
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1732-14237862
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索