FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
絵の流行すたり
4月の伊東屋展に出展したフルーツパネルは枠の模様もマット風に生かして額装しました。絵柄、額装とも皆さん今まで見たことのないようなものをできれば用意したいと思っています。

 10年位前、シャドーボックスで使う絵はオランダのAnton Pieck,絵本のfoxwood tales,女流画家Kim Jacobs などが多かったです。教室では今だに定番でも新鮮さに欠けるので展示には出さない傾向がある気がします。

 教える側はその辺で手に入らない「良い絵」を探すのも大事な仕事です。海外にプリントを買い付けに行ったりできない私は独自性を出すのにない知恵を絞っております。結果木工や樹脂、トールのワザを加味してるという訳です。お陰様でそんな作品にも近頃は好意的な評価を頂き嬉しい限りです。
シャドーボックス・フルーツパネル

展示の時と違い、爽やかでカジュアルな額装です。 

 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/172-3ffb29d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索