最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
キョンジュ(慶州)日帰りツアー
3日目はソウルからKTX(新幹線)に乗ってキョンジュに行ってきました。

オプショナルツアーを開高先生のお世話で頼み、私と門下の皆さんも同行し計8名で行きました。

キョンジュは韓国の真ん中辺右手海側に位置しており(東京→名古屋くらいの距離)古い歴史があります。
まずソウル駅、キョンジュ駅共に立派で驚きました。

キョンジュからは運転手さんつきの車に乗って日本語のできるガイドさんと周りました。

まずは 慶州の市内観光です。
世界遺産の仏国寺に行きました。

山道に揺られた先にありました。この日は結構肌寒くてショールに包まりました。
既に紅葉は終わりかけ(身頃は11月初旬)でしたが真っ赤な紅葉も随所に見られました。
コピー ~ PB084179

コピー ~ PB084173
天井には蓮の花の提灯がたくさん。白は亡くなった方への祈り
赤い提灯は大願成就などを願ってささげるそうです。
今は時期的に合格祈願でしょうか。

国宝 石窟庵
撮影禁止でしたのでリンクからどうぞ。美しい石仏でした。
本来は自然の温度差を利用して換気に優れた構造で湿気のダメージが少なく
保存性が良かったそうですが今は電気の力で空気の循環をしているそうです。
日本の加藤清正が攻めて壊したとか聞くと胸が痛みます。

世界遺産仏国寺
お堂の色がグリーンなのは松のイメージだそうです。心が落ち着く色です。
ずっと青々している木に縁起の良さを感じるのは欧米と一緒と思いました。
クリスマスツリーもそういった意味合いがありますからね。

こちらも国宝のオンパレードでした。
コピー ~ PB084187
コピー ~ PB084183

国立慶州博物館日本語のHP

新羅1000年の都として長く栄えた慶州の歴史が分る場所でした。
社会科見学の子供たちが夕方までひっきりなしにやってきます。
↓こちらは韓国一大きな釣鐘で国宝です。(音は録音したものが響き鳴らせません。)
コピー ~ PB084219

韓国のオバサマたちも団体でいっぱい。濃いピンクや赤いジャンパーなどのいでたちは
多く南の地方に住む方の好む服装だそうです。
総じて韓国の方のファッションは日本の婦人より派手なのでした。
顔立ちは同じアジアで似ているのに何でか違いが分るのは面白いことです。
コピー ~ PB084202


お昼は古墳の横のレストランでサンパッというお料理を頂きました。
コピー ~ PB084201
色々な葉もの野菜に焼いたお肉を包んでいただくものです。

レストランの屋根が瓦なのは普通ですが
この街の全てのガソリンスタンドの屋根に瓦が乗っているのが珍しかったです。
古墳より高い建物は建てられない等景観を守る法律があるそうです。

古墳公園はこの地にあるこんもりとした古墳の構造が見られます。
たくさんの石を組み合わせてからこんもりさせていました。

皇南パン
のお店に行きました。
ここでしか買えない名物とのことで味見分も有料でした。(笑)
出来立ての暖かいのは自然な風味が美味しいお菓子でした。

ガイドさんが気を効かせて予め4つ予約してあったので「頼んでいないのに」と一瞬思いましたが
美味しかったのでありがたく買ってきました。
生徒さんにも講評でした。
パンと言っても小豆のお饅頭に近くて小豆の風味がしっかりあります。
私はあんこ大好きなので気に入りましたが
本の小豆のアクを数回抜いたようなお菓子を好む方には素朴に感じるかもしれません。

帰りはKTXでソウルへ。
ソウル駅にはスイートポテトの売店があって匂いに釣られました。
ここのお菓子かなり美味しかったです。

夜は焼肉を食べるよう先輩に進められて焼肉店ミョンドン「ファロヨン」へ。
生徒さんが牛を召し上がらないので豚カルビを頼みましたが大変美味しかったです。牛より豚かも。
石焼ビビンバも今までで1番の味!
テーブルいっぱいにおかずが並んで一人分はたった1500円くらいでした。
円高って嬉しい!
関連記事

この記事に対するコメント

盛会おめでとうございます。ここから近い韓国 行きたくなりました。
仏国寺の階段凄いですね。たくさんの小さなお皿の並ぶ食事 
どれから食べたらいいか迷います。
【2011/11/18 08:15】 URL | 小紋 #- [ 編集]


小紋さま
北九州から船で2時間半で韓国の南には着くそうですね。
似ていながらも外国と思います。お食事は特に楽しめますね。
【2011/11/18 10:00】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1701-138bcfc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索