最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
2シャドーボックステキストの作り方
まずはじめにおことわりさせてください。

これはあくまで私のテキストの作り方、方針、スタイルです。

これが王道、正規とかでは全くなく、多くの先生がそれぞれ追求してきたうちの
一つのスタイルにすぎません。

なのでこれは変、おかしいと思う方はいらっしゃるかもしれませんが
スルーしてください。

あくまで初心者の方、シャドーボックスに興味のある方
出来合いのテキストでなくて自分の好きな風に作りたい方の
参考になれば良いと思ってご紹介するものです。

私は過保護な先生だと自分では思っています。

生徒さんがテキストを見て大方ご自宅でプリントを切って来ていただきたいので
詳しく書いているつもりです。
教室では丸み付けと組み立てを中心にやりたいからです。

勿論最初は切る所からお教えしますが少し慣れてくれば
鋏やカッターでどう切れば良いかわかると思っています。

切る場所の指示は濃い輪郭線で囲ってどこなのかを名詞で説明しています。

そして貼り重ねる際の組み立ての順番に番号を振っています。
1ピース1番号。通し番号になっています。

若い番号は下の層なので組み立ての際の目安になります。
若い番号順に貼れば前後の間違いがなく組み立てられる仕組みです。
通し番号を考える時だけは夫に話しかけないように予め頼みます。(笑)


それでは手順を述べていきましょう

まず立体にしたい絵を入手します。
葉書程度なら最低4枚は要ります。
通販のS社はだいたい5枚組ですね。
枚数に決まりはありませんが多く用意すれば簡単に作れます。
失敗がカバーできるからです。

テキスト作りはパズル的な要素があり、うまくやりくりしますがカードは多いと気楽です。
経済が許せば余分にお買い求め下さい。
少ない枚数で厳しく作るより余裕を持って楽しめるほうが楽です。
ただ私はいかに少ない枚数で不足することなく
生徒さんに安上がりに作ってもらうかを追求してきましたけどね。(笑)

カードは無駄なく利用したいものです。
あの細かく緻密にピーター・モッツを作るM先生でも10枚だと仰っていました。
購入枚数の目安になりますね。

テキスト用に絵を枚数分コピーします。
DSC06230.jpg

コンパクトに管理したいので私はよく縮小しますが見にくくない程度に。
机に広げた際に一遍にチェックできることも大事です。
何枚もめくって確認するのは煩わしいと思います。
できればカラーコピーの方がわかりやすいです。

最初練習用には1~2枚インクを薄めに設定して白黒で取るのも良いでしょう。
黒地など色の濃いプリントは色を薄めにしたほうが輪郭線の指示が分りやすくなります。

確認用として等倍のカラーコピーも1枚取っておきましょう。
元のプリントに予備がないと絵のイメージをつかめなくなるからです。
このカラーコピーは汚さないようにOPPの袋に入れて
組み立ての時下に置いて絵柄を合わせるのに使ったり
花の中央部分などカッターで抜いた時に裏からあてがい穴塞ぎに使います。

追記
写真の赤いチューリップはS社から最近おまけで頂きました。
テキストが付いていませんでしたがネットにはテキストが公開されています。

絵を持っている方はごまず自分で白黒コピーを使ってテキストを考えてみましょう。
そしてS社のと比べてみてくださいさらに近日公開予定の私のテキストと比べてみてください。
きっと得る物があると思います。
是非お試し下さい。

続く
関連記事

この記事に対するコメント
有難うございます!
とても親切、丁寧に記載されていて感動です!
私はまだまだ初心者で説明書がないとカット出来ません。(組み立ては分かるのですが)
カットを始める時に説明書を見て、ドコをどぅやってカットするんだろぅ?って頭の中でイメージングするのですがさっぱり分かりませんね…(~_~;)
まず白黒コピー+カラー一枚ですね!ここまでだけでも『なるほど~!』です。
続編楽しみにしてます(*^_^*)
【2011/09/11 08:22】 URL | よこたん #- [ 編集]


よこたん様
メッセージありがとうございます。
反応があると少しはお役に立っているのかもと思って励みになります。
続編書いて行きますので是非参考になさってくださいね。
【2011/09/11 10:51】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1664-e67f50cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索