最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
層で重ねる時の切り方
シャドーボックスの組み立ての際考える事をご紹介します。

風景や花など写実的な絵の場合は
遠近感に沿って前後間違いなく自然に
限られた高さ奥行き(額の深さ)の中で
バランス良くを心がけます。

苺泥棒などウィリアムモリスの壁紙は
写実と意匠が渾然となったような絵ですので

敢えて私は層で表現しています。
DSC06064.jpg

例えばボタニカルアートでバラ1輪なら
層にすると茎が何本も重なるのは不自然と思えるため
葉を重ねても茎の下部は重ねないように作ります。

苺泥棒では蔓同士が奥から手前に交差したりするので
立体的にするために層にして空間表現をしたほうが面白いと思っています。
DSC06068.jpg

ボリューム感を出すのに層は効果的なのと
森の鬱蒼とした奥行きが出せる気がするのです。

主題の小鳥は目立つようにやや浮かすものの
脚は蔓の上に乗っていて安定させるように高さを調整しています。

その際モリスの原画を見ながらバランスを考えます。
DSC06050.jpg

重ねた場合は全ての絵を同じサイズに切るのではなく
下のほうを僅かに小さく切ります。

表現する絵柄の下に支えの絵柄が縁からのぞくとうるさく感じるからです。
モデラーを当てて重ねてからまた下のはみ出た部分を1mmくらい切って・・・
などとやっています。
DSC06067.jpg
裏はこんな風に支えを貼り付けています。

切り方については角ばったライン、千切れて出来た紙の繊維
カッターで切って引き攣れた切り口がないように
がチェックポイントです。

本当は1度ですむようにと常に真剣に切っていますが
なかなか一度で終わらないところが
辛いというか奥深いところと思います。(笑)
関連記事

この記事に対するコメント

kazumiさん おはようございます。

このシャドーボックスの実物見てみたいです・・・凄い・・・。
【2011/08/07 05:31】 URL | ひげ #- [ 編集]


本当に細部までこだわり抜いて制作されるからこそ、素晴らしい作品ができあがるのですね!

それをまた惜しげもなく教えてくださるkazumiさん・・・。
すべてが私のお手本です♪
【2011/08/07 09:28】 URL | M-cafe #0StPuHeQ [ 編集]


ひげさま
ありがとうございます。
お目にかける機会がありますように。
オタク度炸裂な作品です(笑)

M-cafe さま
あんなに素晴らしい作品を作る方にお褒め頂恐縮です。
いじり倒して痛めないよう注意したいと思っています(笑)
【2011/08/07 15:40】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1646-b5bf3e36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索