最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
トルコのお風呂
トルコ旅行記番外編です。


くれぐれもトルコの後に「の」をつけないと(笑)

4日目と5日目に連泊した地中海沿いのホテルクラウン・プラザには
お風呂やプール(屋内&屋外)の施設がありました。
3135692_144_b.jpg


せっかく水着を持ってきていることですし
基本的に私はプールは好きでないのですが体験しました。
プール&ハマム

母は日本で1キロ泳ぐのを日課にしているので泳ぐ気満々。
張り切ってますから付き合うのが親孝行でもあります。
ひとしきり泳いでからハマムに入ってみました。
3135692_134_b.jpg
(撮影不可なので写真はホテルのHPから拝借しました。)

ハマムというのはトルコ式の蒸し風呂のことです。

大理石の内壁で壁に沿って四方がベンチのように作りになっていて座ったり寝たり出来ます。
日本のサウナのようには暑くなく蒸気も「もうもう」としてません。
水着着用なので混浴というか・・・男女同室。

穏やかでぽかぽか。
汗はじんわりかくかんじ。
ベンチに寝ると程よく暖かいのです。

中央にはシングルベッドくらいの大理石(多分暖かい)の台があります。

私が壁沿いに横になっていると中央で若いお兄さんの垢すりが始まりました。
ちら見で確認。(笑)
垢をこする人=さんすけさん&すられる人?

さんすけさんは多分暑いからでしょう、それまで閉じていたドアを開けて
まず台に寝る人の頭をきれいにして
垢すりのミトンを右手にはめると
顔をこすりはじめ下へ移動、足まで行ったらひっくり返して
また皮膚をこすってました。
タオルでちゃんと股間は隠してますがこの人は水着でなかったなぁ。
合間にお湯を体に流します。
コースによって泡をつけて洗うとかマッサージするとかいろいろあるようです。
韓国式垢すりほどは「がしがし」やらない感じがしました。

これはローマ時代からの起源があるらしく
遺跡でも床暖房方式のその名残を確認してきました。
体に良くて気持ちよい方法です。
湯気で垢をふやかしたり体を温めるのは理に適っていそうです。
大昔からそんなことを考え付いたのがまたすごいと思いました。
関連記事

この記事に対するコメント

こんばんは♪

トルコの←!旅行記楽しく読ませていただいています
そうそう『の』をつけないと大変なことに(爆)

以前、kazumiさんが紹介されてた蒼山日菜さん
昨夜、ソロモン流で取り上げられていて拝見しました
確かにすご~い!!
ほんと感動しますね
録画していたので、しばらく消さずにおいておこうかと思っています
【2011/06/27 23:08】 URL | Rika #- [ 編集]


Rikaちゃん
コメントありがとうございます。
お風呂はもうこの言い方を知っているのは一部かもですが(汗)
大変失礼な名称です。
ソロモン見そびれましたぁ。残念~
ひなさん、mixiのコミュも閉じてしまったんですよね。同じ紙切りとして励みになります。
【2011/06/28 18:22】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1621-95dbed12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索