FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
王様の気分で
8日め
イスタンブールまで飛びます!飛びます!
P6013350.jpg


お昼はシルケジ駅のレストランでした。
P6013359.jpg

今は使っていないオリエント急行の駅舎を利用しています。
P6013360.jpg

ステンドグラスが美しくピンク色の外装、内壁、ガラスが珍しいと思いました。
P6013394.jpg

午後に自由時間があり歩いて旧市街のエジプシャンバザールへ。
現地の人で大混雑のバザールでした。
日本で言えばさしずめ合羽橋か浅草橋かといったところでしょうか。
P6013400.jpg

香辛料や干した食品、ナッツ、農具、すだれ、金物日用雑貨
P6013424.jpg

漂ってくる匂いもめまぐるしく変化するのでした。
庶民の暮らしぶりが垣間見えて楽しいところです。

現地の女性たちも熱心に品定めしてますが日本では馴染みのない
赤ちゃんの誕生を祝う為の行事用品が可愛かったです。
淡い色のバスケットやきらびやかなリボンなど。
でも写真は嫌がられると聞いていたので撮りませんでした。
P6013413.jpg

トルコは今インフレが収まり工業化が進んでいるそうです。
30歳以下の人口が多いので他のヨーロッパに比べて多くの購買が見込まれ
100パーセントという食糧自給率も強みであります。
ユーロに加盟しないほうが得策だとガイドのケレムさんは話していましたトルコの人は商人あきんどです。
呼び込みで
「オチマシタ」で気を引こうとするのには慣れましたが
「ワタシ、オンナズキ、アイシテル」にはのけぞりました。
誰ですか?教えたの(笑)
本当にたくましいです。

時間がある人は買い物の際交渉してみてください。
正価の2割3割引は当たり前。
値切ってどのあたりが相場なのか旅行者には見当もつきません。

ただグランバザールは1番高いと思います。
そこで下見してカッパドキアなど産地に近い田舎で買うのがお勧めです。
夫の趣味であるトランプ(カード)と凧を探しました。
ガイドさんに予めトルコ語でメモを書いて貰ったので
おもちゃ屋さんを数件周ったら凧専門店へたどり着くことができました。

私は地元の人が行列しているコーヒー豆やさんへ並び
2件先の金物屋さんでトルココーヒーの小鍋を5リラでゲット。

トルココーヒーは一度頼んでみましたが沸かして粉を沈めてから
上澄みを飲みます。
伏せたあとその模様で占うこともあるそうです

揺れる船の鯖やさんをわき目にガラタ橋を渡って新市街へ。
橋の上ではたくさんの人が小魚を釣ってました。
P6013444.jpg
新市街のガラタ塔を目印に歩きます。
P6013443.jpg
おじさんが背負うのはトルコのパン。素朴な味でした。
P6013447.jpg

ガラタ塔に上がってみました。11トルコリラでエレベーターに乗ります。
P6013483.jpg
羨望が素晴らしいです。狭いですけど。
P6013460.jpg
多分トルコのお嬢さんたち。若い子はヘッドスカーフも華やかでお洒落です。

旧市街~ボスホラス海峡 たくさんのモスクが見渡せます。

そこからイスティクラル通りをタクシム広場までお散歩しました。
トラムも走る銀座みたいな通りだとか。
若干浅草のような下町風です。
P6013492.jpg
そこで夫はマックでトルコ風のハンバーガーを食べたいと言うので
探していたら親切なカップル(いとこだそう)が日本語で
声をかけてくれて案内してもらいました。
P6013501.jpg

前衛的なキッチン用品のお店↓刺さって痛そうなナイフスタンド。
P6013489.jpg
「親戚がお店をやっているからそこでアップルティを」と
薦められましたが時間もなくなったので丁重にお断りして
ホテルまでタクシーに乗ることに。
流しの(改造)タクシーしか捕まえられず2リラ(110円)ほど
上乗せされましたが仕方ないと思います。

自由行動にはリスクはつき物です。
旅行される方はこんな注意も読まれたほうが良いでしょう。

夕食はかつての王宮を利用したレストランで
P6023505.jpg

P6023523.jpg

皆さんドレスアップして頂きました。
P6023513.jpg
関連記事

この記事に対するコメント

飛びます飛びます・・・・。笑)

これがkazumiさんのいい所・・・・。笑)

毎日が楽しいやろなぁ・・・・。笑)
【2011/06/14 21:27】 URL | ひげ #- [ 編集]


ひげさま
今は亡きあの人のギャグ・・・!
分って貰えてマンモスうれぴー!
また「昭和のギャグ姫」が出てしまいました(笑)
今宵もひげさんの優しさに救われました。
【2011/06/14 23:20】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1619-5d06dc00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索