最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
カッパドキアも世界遺産です
7日目

世界遺産カッパドキアの不思議な造形はもちろん自然の産物です。
P5313065.jpg

P5313055.jpg
洞窟を利用したお宅訪問。
ガイドのケレムさんのはからいでおみやげ物店の下のご自宅を見せていただきました。
右が入り口で階段を下りて行きます。
P5313040.jpg
中は想像以上に広くて立派。そして涼しくて快適です。
世界遺産エリアなので住んでいる人はもう洞窟の拡張などは出来ないそうです。
P5313052.jpg
絨毯を織ったり編み物刺繍と手作りで豊かに暮らしを彩っています。
奥様がお茶を振舞ってくださいました。
トルコでは紅茶かりんご茶が良く飲むそうで
暖かいお茶をかわいい小ぶりなグラスでいただきます。


絨毯工房見学。こちらは国営なので安心です。
手織りです。大変な労力なのが分りました。
P5313073.jpg
トルコ式は元々は遊牧民だった人々が自分の家のため丈夫に作ったので手間がかかるダブルノット式。
細い糸で1センチ角の中に13目×13目など、細かいほど手間がかかるものほど高価。

P5313088.jpg
良い絨毯の見分け方の説明を受けました。
ウールは羊の毛のどこを使うかで手触りが変わり染料も様々です。
絹のは滑らかで美しい光沢がある、もはや芸術品です。
P5313090.jpg
日本語の達者な方が説明。大変流暢です。欲しくなる(笑)

P5313112.jpg
カイマルクの地下都市。キリスト教徒が迫害を避けるために隠れ住んだ場所です。
ワインを造ったり空気穴を通したり迷路のような都市になっています。

トルコ石店。ここも国のお墨付き。
娘たちにへお土産にしましょうか・・・
P5313139.jpg
「だんなお安くしますぜ」(←そうは言ってませんが)
「消費税サービスね。」と電卓をぱちぱち。
パパがんばれ。

きのこ岩
P5313151.jpg
何でこうなるの?
P5313070.jpg
ギョレメ野外博物館
キリスト教信者の教会などがありました。

コピー ~ P6013193
ローズバレーの夕日を観に行きました。
もともと岩の色がバラのようなピンク色です。
観光客が各国からいっぱい。
夕日を見ながらおじ様とおしゃべり。「私たちは日本から10日の旅行です」と言ったら
初老のカップル2組キャンピングカーで11週間旅行中だそうです。
ドイツのおじ様たち。優雅ですねぇ。ヨーロッパ横断でしょう。
翌日はカッパドキアを飛行船に乗って空から見下ろす予定ですって。

夕食のあとベリ-ダンスショーへ。
P6013279.jpg
お姉さんたちのダンスや合奏。
イケメンたちのダンス。腹踊りみたいなのやら色々ありました。
P6013291.jpg
来場者参加のフォークダンス。言葉がなくても楽しめて良いです。
またしても旅の恥はかき捨て。
わが真面目だった母も踊ってました。
母、私を育ててくれた時と大分キャラクターちがいまっせ。
P6013308.jpg
いよいよ真打のベリーダンスショー。色っぽいです。
トルコのジュディ・オングさん?
下腹部に親しみがわきました(笑)

昼ごはん
赤い河のほとりの洞窟レストラン。
P5313131.jpg
P5313123.jpg
つぼ焼きケバブ。他にはスパゲッティ。イチジクのコンポートなど。
P5313119.jpg
夜ご飯
洞窟ホテルのビュっフェ
P6013181.jpg
関連記事

この記事に対するコメント

 カッパドキアのきのこ岩の群れは 本当に不思議な形 おとぎの世界みたいですよね。
 この地中深く キリスト教徒が 隠れ住んで生活していたなんて みても なかなか
 信じられなかったのです。が 住めば京都 だったかもしれませんね。
【2011/06/12 07:21】 URL | 小紋 #- [ 編集]


小紋さま
妖精の煙突?でしたっけ?
削られ方が不思議ですよね。
人間のたくましさ宗教の強さを感じます。
煙でばれないよう火があまり使えないので発酵や保存の方法も発達したように思いました。
こんな中でも平安と幸せがあったのでしょう。
【2011/06/12 12:06】 URL | kazumi #- [ 編集]


kazumiさん 楽しそう・・・。笑)

お母さんも旦那さんも・・・みなさん楽しそうです・・・。
ロズバレーの夕焼け見に行きたいですね・・・・。
【2011/06/12 18:08】 URL | ひげ #- [ 編集]


ひげさま
ツアーの皆さん一度は母の苦労話など聞いてくれますので夫は喜んでおります。
ありがたいねぇって。
細岡の夕日も素敵ですけど。
お日様はどこへ行っても偉大です。
【2011/06/13 00:01】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1618-b1c8e9b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索