最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
進化する花芯
花の絵柄で花芯が描かれている場合

シャドーボックスではそのプリントを繊細に切って立体的に表現することが多いのですが

段々ペップという造花で使う素材をほうぼう探して各種使い分けるようになりました。

その方が自然で立体的だと思うからです。
pepp1.jpg

クリスマスリースにもアマリリスの中に黄色から臙脂色になっていく花芯があります。

「先生これ切るんですか?」

生徒の皆さん大抵億劫に思われる(笑)

で用意しました。色付けペップ。

色も絵柄にマッチしてグラデーションです。
peppu2.jpg

自然な立体感をを皆様にお届します。
2月25日から28日 月末のネットショップをご覧になってください。今回は2名分です。
その他私の教室で長年定番人気の教材を御紹介しています。

ガーベラの制作中のYさんのために写真を載せました。
gabera1.jpg
やや左から
gabera2.jpg
やや右から
gabera3.jpg
胴体の丸みがわかるでしょうか?
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1589-3bb02780
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索