FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
ピースの管理
制作の際は納得のいく美しい作品を作りたいと思っていますが
私は合理的に作る事も常に意識しています。

エネルギーや時間は
1ふさわしいラインを美しく切る事、
2皺なくしっかりとした丸み、豊かな表情をつけること
3自然な空間表現が出来ている事

これら3つの事に惜しみなく注ぎたいのです。

そのためにプリントや絵柄の管理は極力シンプルにしたいのです。
写真でお気づきの方もいらっしゃると思いますが
私は主に鋏で9割の輪郭線を目安に絵を切っていき
その状態で大半の丸みもつけます。
例えば一箇所に使う7枚のカードはずっと必要な部分が残った状態の7枚なので
テキストとすぐ照合が出来てなくす心配が減ります。
丸みの際もひっくり返す手間が減り、手で支えやすいのも利点です。



シャドーをずっとやってきて自分なりに行き着いた管理方法なのですが
私がこのやり方をいくらお勧めしても裏に番号を書いたり
シートごとにばらばらに切った紙片を
袋に入れたり出したりする生徒さんは多いです(笑)

「先生、あの小さい部分がみつかりません。(泣)」
と嘆くのは未だに良くあることです。

もしも仕分けの袋にしまうならこの花ごと、
あの花ごとにまとめたほうが良いと思います。
最近のテキストではパーツで作る順番も通し番号で指示していて
私自身その番号に沿ってパーツで作っていきます。

花ならそれを構成する部分を各プリントから切り離し集めて
組み立てます。
まずは全体の形+奥の重なった花びら+花心+サイドの花びら+手前の花びら
といった具合です。
部分ごとに作ると達成感が得られますしピースの管理が劇的に減ります。

リースの場合もそのようにして作りました。
ただどうしても全体を合わせてからの手直しは必要ですけどね。
関連記事

この記事に対するコメント

 ピースの管理→糸や布の管理と読み替えてもいいですね。綺麗になさっていますね。
 裂いた布が あちこっちに行かないように気を使います。紙袋や箱に入れると 
 どこにおいたか忘れます。透明な大きな袋を 用意することにいたします。
【2011/02/06 19:45】 URL | 小紋 #- [ 編集]


小紋さま
これは多くの収納に応用が効くかもしれませんね。
作品も100円ショップで200円で買った透明のお道具箱のような箱にしまったりしています。
見せる収納と隠す収納をうまく使い分けられたら良いですね。
【2011/02/07 00:49】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1558-5e530125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索