最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
海からの贈り物
リンドバーク婦人の「海からの贈り物」

ご存知の方も多いと思います。

多分中学時代の国語の教科書に取り上げられていたように私は記憶しています。

貝殻に喩えて思いをめぐらせるエッセーで私の数少ない愛読書の一つです。

女性という性は当時は今よりもっとハンデがあり、
主婦は雑多なことに追われ、自分自身を見直す時間などない。
そんな中海辺で過ごした彼女が理知的に自分を見つめつづった形式です。

夫や子供など家族がいる幸せと
世話に追われて自分の時間がなくなる忙しさ
主婦にとってはそのバランスをうまくとることが今も昔も課題ですね。

作品展前、制作に追われて忙しくなると家事が疎かになりがちですが
食事はちゃんと栄養豊かに。
部屋はとっ散らかった感じにならないように。
心はささくれないように。

リンドバーク婦人のことを思い出し
自分が人生の主人公で主体的に時間を使っているのだと意識します。

皆さんの愛読書、お勧めの本はなんですか?
関連記事

この記事に対するコメント

私は本を読むことが好きで、息子の寝かしつけの時間は、読書タイムです。
5分時間があったら、1ページだけでも読んでしまいます。

いろんな作家を読みますが、よしもとばななさんは、ずっと好きで必ず読みます。
【2011/01/13 13:33】 URL | 美景 #onVA9wqc [ 編集]


美景さま
本は美術系など資料として買いますが小説はあまり読みません。
もっと教養を身につけねば!(笑)
よしもとさん恥ずかしながら一度も読んだ事ありません。
ベストセラーには訳があるでしょうね。
【2011/01/13 23:53】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1549-b7257332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索