最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
幸せのひよこちゃん その2
昨日の続きです。
DSC05357.jpg
テーブル面に補強のボードを貼り傾斜をつけて固定しました。
斜めになると正面から見ると上下が短くなりますが合わせるのは
中央のラインです。
DSC05355.jpg
パーツで作っておいたひよこや花をそばに置いて
シリコンボンドやピンセットなど組み立ての際の道具も
全て準備して一気に組み立てます。
DSC05359.jpg

そして必ず土台の絵の上に乗せて下の絵とずれないように合わせます。
枝は細いので裏に紙巻の針金を貼って補強してあります。

DSC05362.jpg
こちらは本型の小物入れでスティロールのチップをしまっています
スティロールも白や黒、薄いのや長いのと様々なタイプを用意しておくと
大変作業能率が上がります。

浮かす時は加減が大事ですからシリコンで1~5mm程度をコントロールしますが
写真のようにしっかり支えたい時はスティロールのチップを挟みます。
シリコンを使う前にスティロールを置いてみて浮き具合を確かめます。
斜めだと置く位置で随分変わります。
やや低目を使うとコントロールしやすいです。
DSC05365.jpg
例)↑ひよこの入ったカップの部分

丸みがつくとピースは小さくなるのでずれるものですが
傾斜がつくと尚更下の絵柄と合いづらくなります。
そこをうまく調整するのが腕の見せ所です。
パーツで作っておいて一気に組み立てるのはそのためです。
DSC05368.jpg
後はニスをかけて艶出しなど仕上げ作業です。
関連記事

この記事に対するコメント

ひよこちゃんのキット、良くできていると思います 
このキットを製作するだけで 確実にシャドーボックスの技術が一つ二つ上がると思います

以前のお花のキットたちと合わせて 段階をちゃんと踏んでて 
初心者さんの次のステップをとても考えてると思います

キット制作は手間のかかる作業ですが
すごくシャドーの普及活動になっていると思います
沢山の人に作って楽しんでいただけるといいですね
【2011/01/08 17:39】 URL | Mika #n5MSuuOw [ 編集]


Mika様
Mikaさんにそう言っていただいたら大層心強いです。ありがとう。
床やテーブル面がある絵はシャドーでは何作目かで必ずこなすべきものでしょうね。
風景では必須ですから。
全国の愛好者には独学の方もいらっしゃるようなので
そんな方に興味を持っていただければと思ってご紹介しています。
【2011/01/09 01:02】 URL | kazumi #- [ 編集]


ピヨピヨという かわいい声が聞こえてきそうです。虫の食った白菜や キャベツは
前の家の 鶏さんの餌に持って行きます。時々ひよこさんを 観に行きます。
【2011/01/09 08:22】 URL | 小紋 #- [ 編集]


小紋さま
まぁ!前のおうちは鶏さん飼っているのですね。
私は子供の時にかわいいひよこをダンボールで飼いましたが
あっという間に鶏冠が出てきてジャンプして怖かった覚えが・・・
実は何かと動物が苦手です。(笑)
犬猫もトラウマがあるのです。
【2011/01/10 01:06】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1548-0c0faf0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索