FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
シャドーボックスの絵の選び方
私がシャドーボックスの素材になる絵を選ぶ際は
まず直感重視ですが
かわいい、美しい、色合いが綺麗といった単純に美意識に訴える他
絵柄や構図も大事で作る方が「部屋に飾りたくなる絵」を念頭に選びます。
DSC05001.jpg
右が素材のアメリカ製グリーティング・カード 左が作品

描かれ方としては輪郭線がはっきりしていたり
構図に高低があるもの。
やや平面的に描かれたもの(例えば浮世絵)の方が作り映えがします。
写真には立体感がそのまま閉じ込められているので
案外作った時劇的な変化が見られないので私は作らない方針です。

教室主宰者としては
今までになかったような新鮮な魅力のある物
他の教室で作っていないもの、
手に入りにくいものを揃えることも
差別化の意味で大事だと思っています。
DSC04992.jpg
カード5枚使って再構成します。しばらくはバラバラにしないで切ります。
入手経路の確保や価格
著作権がクリアーできるかも考えることです。
特に展示会に出す場合はルドゥーテのように
著作権が切れている作家は気が楽です。

ここまでは出来合いの絵を選ぶ時のお話です。

夢と言うか憧れだったのはオリジナルの絵を作ることでした。
もしも作るのであれば他のどこにもない素敵な絵。
欲しかったのになかった絵柄。
もっと言うならシャドーボックスにした時に
うまく立体感が表現できる絵を描き起こしてもらうことだったのです。
DSC04993.jpg
パーツに分けて組み立てます。

シャドーボックス用 「究極の絵」ですね。
大変贅沢なことだと思います。
そして今は幾つかそんなプロジェクトが実現していることを
大変ありがたいことだ感じております。
port bird
ポストからお手紙が溢れそうな絵柄。今年新たにレパートリーに加わりました。

「究極の絵」で作った作品を
次回の作品展で発表する予定です。
関連記事

この記事に対するコメント

こんばんは☆
秋を飛び越え、冬ですね~

ポストのシャドーボックス、迫力あります!
画像から、立体感が伝わってきますね。

オリジナルにこだわるとおっしゃっていましたね。
その心意気、共感します。
私の場合は形として見えませんが…

【2010/10/29 21:33】 URL | たまかずら #- [ 編集]


たまちゃん
おこし頂きありがとうございます。
そちらにコメントが書けず残念です。白きくらげ良いですね。
今晩我が家はは鶏肉団子の鍋でした。キノコの季節ですね。
形?頑張りは美貌として表れてますよ。
【2010/10/29 23:09】 URL | kazumi #- [ 編集]


数あるプリントやカードの中からシャドーにする絵を選ぶって難しいです
 私はまだまだ。。。 
基本的には作る方が気に入って飾ってくださる絵をすすめますが
一度だけ恭子先生のプリント選びに立ち会った事があります 
そのときは驚きと 感嘆で 感動物 でした 
そしてその作品が出来上がったときにはまた新たな感動 
プリント選びもシャドー製作の醍醐味の一つですね

究極のシャドーのお披露目を楽しみにしています♪
【2010/11/01 08:38】 URL | mika #n5MSuuOw [ 編集]


絵柄の選び方、考え方、参考になりました。
私も少しづつ養っていきたいところです。

やや平面的な絵の方が作った時に感動があるのですね。
写真を見てとてもよく分かりました。
ポストの作品。シャドーボックスになったものは立体的で「わ~♥飾ってみたい!」って感動しました もん。
【2010/11/01 10:51】 URL | ネネ #- [ 編集]


mikaさま
私も恭子先生の選び方立会いたかったです♪
絵の好みは案外千差万別ですが選び取る人の個性は出ますよね。
丸善に素晴らしい70作品が並んでいても
自分が作りたい絵となると本当に少ないですね。
限られた時間と場所ですから出来るだけ良いものを選び抜きたいと思いますが
カードや作家さんとの出会いは水物とも思います。
次回の「究極」なのはさり気なくててわからないかも知れません。(笑)

ネネさま
参考になりましたか?
以前トルコに旅行した生徒さんが世界遺産のブルーモスクの絵葉書を買ってきて作るお手伝いをしました。
あんまり代わり映えしなかったのでやらないことにしました。
写真みたいに写実的でもノーマン・ロックウェルはまた違いますね。絵に力があり向いてます。
でもネネさんのマーガレットは写真ぽくなくて自然で良かったですよ。
私はカードを見たら立体画像が浮かんできます。
先生は皆さんそうらしいです。慣れでしょうかね。
これは黒い布とのコントラストもイメージしてました。
ネネさんも色々工夫していて素敵ですよ。レースを水色のインクで!発想が柔軟で感心しています。
【2010/11/01 23:12】 URL | kazumi #- [ 編集]


ありがとうございます!
とっても嬉しいです~!!
【2010/11/02 15:46】 URL | ネネ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1512-add89761
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索