最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
四国めぐり3日め
松島の日本最古の道後温泉には「本館」と呼ばれる温泉があります。
P9260330.jpg
昔夏目漱石が29歳ごろ先生として赴任した際も好んで通ったとか。
明治時代はできたてでも今は古式ゆかしい重要文化財です。
P9260318.jpg

私たちは写真左奥に見えるホテルに泊まって朝6時の1番風呂を楽しみました。
お風呂は大理石で壁面には青い中国様式の陶板画がありました。

ここは料金によって応対が変わりますがせっかくなので800円払って「神の湯」2階で休みました。
ホテルの仲居さんに薦められました。(400円だと2階と浴衣は使えません。)
P9260324.jpg
入浴後、浴衣になってお茶とおせんべいのの接待があります。
P9260322.jpg

1500円払うと「霊(たま)の湯」3階の個室使用。お菓子は坊ちゃん団子になるそうです。
P9260329.jpg

薦められて3階の「坊ちゃんの間」を見物しました。
大河ドラマが終わるとまた「坂の上の雲」が始まります。
松山は正岡子規の故郷でもあり今でも俳句が盛んだとか。

松山や 秋より高き 天主閣
子規の句の通り松山城は高いところにありました。
P9270335.jpg
民芸伊予かすり会館(四国は松山の伝統工芸品)ではジェラートが美味しかったです。
伯方の塩味が特に美味!!

瀬戸内海沿いを走り金刀比羅宮(こんぴらさん)へ。
P9270344.jpg
こんぴら狗
ガイドのおじさんが面白い話をしながら連れて行ってくれるので楽しく785段も疲れませんでした。
P9270353.jpg

おされな資生堂パーラーのレストラン神椿もあるし
娘たち用に求めた黄色いお守りもデザイン性が高くてちょっと驚きました。
伊藤若冲の襖絵はじめ昔からお宝をいっぱい抱えるアートな場所ですものね。
HPも垢抜けてます。
P9270347.jpg
お参りを終えたら雨が降り出しました。晴れ女パワーもここまで(笑)

お昼はご存知讃岐うどん(&ちらし寿司)
P9270356.jpg

小歩危、大歩危渓谷へ行き祖谷(いや)渓にかかる「かずら橋」を渡りました。
P9270361.jpg
高さ15mの谷底が丸見えの吊り橋で、スリル満点でした。
P9270357.jpg
この橋は山口県の錦帯橋、山梨県桂川・猿橋と並ぶ日本3大奇橋の一つなんですって。

この日は約320kmバスの旅でした。
徳島から夜雨の中を羽田へ帰りました。

という駈足の四国めぐりでした。楽しかった~♪
今度は是非大塚国際美術館へ行くぜよ。
関連記事

この記事に対するコメント

kazumiさん おはようございます。


大歩危小歩危はカヌーで一回挑戦してみたい所の一つ・・・。

ちらし寿司に乗ってる小魚・・・なんでしょう・・・?。

【2010/10/01 08:06】 URL | ひげ #- [ 編集]


ひげ様
大歩危小歩危は岩肌が迫力で雨でも水が澄んでいました。
酢漬けのお魚は「ままかり」と言われたと思います。
寿司飯がやや甘めで美味しかったです。
【2010/10/01 11:32】 URL | kazumi #- [ 編集]


四国と九州はまだ未踏の地です

いいな~
行きたい~~~

かずら橋はテレビで見てあこがれてます
あ~写真の被写体がいっぱいだ~
【2010/10/01 12:47】 URL | やちまる #- [ 編集]


やちまる様
私も子供が20歳過ぎてやっとですよ。
それも親の介護の前に、と覚悟しながらです。(笑)
日本は広いですね。
でも言葉が通じて安全なので気楽です♪
【2010/10/01 22:42】 URL | kazumi #- [ 編集]


 結婚記念日 おめでとうございます。四国も 行くところが多くて 涙を呑んで 
 次回と あきらめることがあります。 
 また金比羅様に御参りして 神椿で お食事したいですわ。
【2010/10/03 07:49】 URL | 小紋 #- [ 編集]


小紋さま
初四国のツアー参加ですので会いたい方2人にも会えずでした。
季節が違えばまた魅力も変わるでしょうね。
神椿もまだ出来て日が浅いようです。お芝居もあるし多面的なアピールのある場所と思いました。
【2010/10/04 08:57】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1491-1523eb7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索