最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
③旅の持ち物
スイスまでは成田から11時間半。

今回は直行便で時差は7時間でした。
↓おそばにライスにパンにフルーツケーキ!炭水化物多目です(笑)
機内食
昨年のイタリア行きで一睡もできなかった私はT先生お勧めの
「マイスリー」という睡眠薬を主治医に処方してもらいました。

機内食2
本当はメラトニンが良いと思いますが
日本では手に入りにくいですね。
アメリカへ行ったら空港のドラッグストアでサプリメントとして
売っているそうです。

先日日本に来たカリフォルニアの従兄弟も
「もともと人間の体内にあるものだから安心」と言ってました。
両替at成田

添乗員さんはスイスは30回以上、この道19年のベテランでした。
スイスは手数料が高いので「両替は日本で」と言われました。

ただ今スイスフランのレートはCHF85.69
1万円が110フランとなり575円のおつりでした。
1フランが100円の感覚です。
空港

チップは枕銭が1フラン程度で、トイレはたまに有料です。

レストランの飲み物は水や紅茶、コーヒー、グラスワインやビールが4から6フランで
各自が清算します。

私は結局10日で2万円両替しました。
言葉はドイツ、フランス、イタリア、に馴染みのないロマンシュ語圏がありますが
英語が通じました。
買い物は国際カードが使えます。
(母がいっしょですから全食事つきオプションなしのツアーでした。)
DSC04664.jpg

飛行機に乗ったら現地時間に時計を合わせ
脚がむくまないように圧力のかかる靴下を履き、スリッパになります。

アイマスク、耳栓、ひざ掛け、空気枕、ショールでOK!!

マイスリーを飲んでゴーゴンが出てくる映画を観てうとうと出来ました。
エビアンの本場、シャモニーのスーパーで

「スイスはお水が高いのでトランクに空きがあったら
一人2リットルくらいお水を持っていくように。」
というアドバイスを読んだので4ℓ持って行き
数日しのげました。

どこもかしこも雪解け水を目にしました。
「硬水」と言われましたが終いには出された水道水を飲みましたけどね。(笑)
機内食帰り1
小さいお醤油、ふりかけ、水出しのお茶のパック、食べ慣れたお菓子もお勧めです。
機内食帰り2
総じて食べ物はチーズ他、乳製品、ジャガイモ、クロワッサンが印象に残りました。

「海外行ってまで日本食贔屓?
保守的なのはいかんでしょう!」
と思いながら自分が日本人なのを実感した次第です。(笑)
関連記事

この記事に対するコメント

やっぱり食べなれたものとお水は必要ですよね。
息子も500mlの水とお茶
その他・・・カップめん類と梅干しと・・・
インスタントみそ汁やら水だしできるお茶やら・・・いろいろ詰め込んで(笑)
先輩のスーツケースからうどんが出てきたのには笑いましたよ。

ただでさえアレルギーっ子なので食に関してとっても心配していましたが何とか・・・(笑)
修学旅行の中国の方が悲惨だったみたいです。
【2010/07/08 12:56】 URL | Akiko☆ #TM/XUuYM [ 編集]


もしもおっちゃんが海外に行くことになったら・・・ご一緒に・・・お願いいたします・・・。笑)
【2010/07/08 18:54】 URL | ひげ #- [ 編集]


Akiko様
うどんとはユニークですね(笑)
私も中国の方が困りました。
日本の中華は香辛料を抑えて食べやすくなってますね。
チーズとジャガイモが続いた時はちょっと飽きました。
10日の旅行になると後半で中華や和食が入るようです。
今回肉じゃが完売で添乗員さんありつけず・・・でした。いつも以上に美味しかったです。
息子さんもご自分なりに用心したのでしょうね。若くして経験豊かですね。
【2010/07/09 15:39】 URL | kazumi #- [ 編集]


ひげさんへ
自然好きだからアマゾンの秘境とか言わないで下さいね。
評判の良いのはニュージーランドとかカナダの花や黄葉。行きたいですね。
車窓からでなく、マーッタホルンやアイガー眺めながら高山植物見て歩いたのはとても楽しかったです。
フィールドウォッチングは十八番でしょう?
【2010/07/09 15:46】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1441-3b42d2fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索