FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
8日目 最終日
四川省の旅もいよいよ最終日となりました。

早朝6時半に成都のホテルを発って成都空港に向かいました。

朝の街は車もまばらで穏やかです。

赤信号にお構いなく横切る通行人、ヘルメットをかぶらず割り込むオートバイ
強気な運転 通行者で街は溢れかえる・・・
そんな日中の喧騒が嘘のようでした。
seitokukou1.jpg
現地ガイドの周さん。謝謝。再現(サイツェン)。

P6040379.jpg
さようなら成都。

P6040375.jpg
機内食の朝ご飯。
パンの手前に添えられた袋は・・・ジャムではなくて
まさかの袋入りざーさい!挟んで食べろってか?
私は朝から無理でした(笑)

shanhaisugiurasan.jpg

上海で成田への乗り継ぎ便を待つ間、空港でお昼ご飯を頂き
オプショナルツアーでリニアモーターカーに初めて乗りました。

rinia4.jpg


世界遺産見学入場の際もパスポートをいちいち見せていましたが
こちらでは入り口で手荷物検査がありました。厳重です。
P6040389.jpg

最高時速は
rinia3.jpg

あっという間8分くらいの行程で上海の電気ビルのあたりまで?到着。
P6040400.jpg

そこでリニアモーターカーの展示物を見て戻りました。
P6040411.jpg

フランス製の車両だそうで振動は少なかったです。
shanhai1.jpg
万博の雰囲気は植え込みだけで味わいました。


上海空港ではお土産を物色。

空港は高いですが安い粗悪品はないのかも知れません。
kukoukaeri.jpg
午後の紅茶は100円しなかったです。戦利品?の扇子型ポーチ。12支の剪紙

上海空港は長くて長くて「あれ?さっき見たお店がまたある」と思ったら
同じスタイルのお店が繰り返し現れるのでした。

今年年男(84歳)の義父が体調を崩さず旅行が楽しめて
本当に良かったと思います。
機内食に父の好きな鰻も出たし(笑)
P6040418.jpg

中国はこれから脅威となる国です。
歴史と国土の広大さ、人のエネルギーが印象に残りました。
P6040417.jpg
最後は中国のイケメンさんでお終い。
関連記事

この記事に対するコメント

いんやあ、全部読みましたよ(^o^);

詳細なレポート(^o^);

ふおーっふぉっふぉっふぉっふぉ(^o^);
【2010/06/17 08:17】 URL | ぎやまん亭主 #mQop/nM. [ 編集]


ぎやまん様
恐れ入ります。
長かった~(笑)
ご拝読ありがとうございました。
【2010/06/18 00:29】 URL | kazumi #- [ 編集]


こんばんは♪
旅行記
スクロールしながら何度も拝見。
ご一緒した気分で満喫いたしました。
私は20年くらいまえに北京を旅行したのですが
そのときはすっごく店員さん無愛想だったのを覚えています
質問しおえないうちに「メイヨー」。
え?そこにあるの、売ってくれないの????みたいな。
【2010/06/18 23:46】 URL | parko #- [ 編集]


 リニアモーターカーの300キロすごいですね! 大きな国の大きな計画 
 すべてが桁外れですね。楽しいたび 本当によかったですね。
【2010/06/19 13:35】 URL | 小紋 #- [ 編集]


parko様
長いのに読んでくださってありがとうございます。
愛想が良いのは日本とアメリカだけでしょうか。
では微笑みの国はどうなんだ?
世界へ行って確かめたいです。
夫のお尻をはたいて頑張る(笑)
「サービスの良さは大切だ」と早く中国の経営者に気づいてもらいたいですね。
私が店員に謝謝言ってましたから。

小紋さま
また5年か10年経ってからの中国が見たいかも知れません。
高度成長期、ハングリー、日本にないエネルギーを感じましたね。
あの気概は学ぶべきかも知れません。
【2010/06/19 17:25】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1429-9acfcce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索