最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
ゾルゲ=若尓盖(6日目)
P6020142.jpg
6日目は朝7時にホテルを出発してゾルゲへ向かいました。

移動距離280キロ5時間の行程です。
P6020216.jpg
はじめは「ヤクが道を横切った」とはしゃぎ・・・
zoruge11.jpg
ゾルゲのカウ・ボーイ↑。
P6020207.jpg
P6020154.jpg
「羊だ」↑
DSC03533.jpg
「馬だ」↑と喜んでおりましたが

それが4時間も続くと眠くなりました。(笑)
行けども行けども続く100万haの大平原。
otukarenofutari.jpg
ここは標高が富士山並(3400m)で森林限界を超えています。

時折雪山がのぞき、今頃は春の息吹が感じられる頃です.
ヤクや羊の赤ちゃんもたくさん見かけました。

木はたまに潅木がある程度で今は青草が生え始め1面の黄色い花畑も見ました。
P6020159.jpg

草原の合間にチベットの昔ながらの家、レンガの家の集落、タルチョの旗など
さまざまな新旧の家が混在します。
ヤクのフンの山も見ました。集めて燃料にするそうです。
かと思えば太陽光パネルも。
電気も中国全土で90何パーセントの普及だそうですがエコですなぁ。
P6020172.jpg
P6020158.jpg

途中花湖(かこ)に寄りました。
DSC03550.jpg
zoruge5.jpg

雄大な湿地帯です。木道が整備されていました。
szoruge8.jpg

お昼はチベットの集落の中のレストランで田舎料理でした。
zoruge2.jpg
思えば遠くに来たもんだ~♪

最終目的地は黄河第1湾。
河口までに大きく9回曲がる黄河の最初に大きく曲がる場所です。
DSC03555.jpg

蛇行した黄河がキラキラと輝きます。

それまでずっと曇っていたので「バスがお日様を連れてきた」と言われました。

高台には馬で上りました。乗った馬から見えるのはおばさんと鬣です。
P6020191.jpg
高い位置から黄河を見渡して本当に素晴らしい景色でした。

添乗員さん渾身の1枚!↓(謝謝!!)「格好良い!?」(笑)
Pkougabest.jpg

私が「感動する!」と言うと 馬を引くおばさんも「カンドースル」
「きれーい!」「キレーイ」山彦よろしく笑いながら口真似されました。

P6020193.jpg
馬を下りてから「謝」「喜」と書いて見せましたが伝わりませんでした。

おばさんは私より年上なのかも知れません。
DSC03562.jpg

娘さんの方ははにかみながら写真に写ってくれたのですが
kouga3.jpg
どんな風に写ったのか興味しんしんで
デジカメの映像を確かめる反応が面白かったです。
さすがに「魂を抜かれる」とは思ってないようでしたね。(笑)

帰り道には2度虹を見ることが出来ました。
中央に少しだけの虹色↓
DSC03564.jpg
バスのガラスが残念ですが。全体↓
DSC03566.jpg

またバス移動の夜にはみぞれや雪になり
その夜泊まった川主寺のベッドには電気毛布がセットされていて初体験でした。
関連記事

この記事に対するコメント

 すごい 広い 大きい 中国の大きさ すごさを 感じます。いいたびですね!
【2010/06/14 17:27】 URL | 小紋 #- [ 編集]


小紋さま
大陸でした。
日本はせせこましいのが分りました。
でも日本は良いなぁとも思いました(笑)
やはり行って良かったです。
【2010/06/15 00:53】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1426-f3d15e20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索