最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
四川の旅4日め「黄龍」
この日は朝7時にホテルを出発して成都空港へ向かい
45分間飛行機に乗って山の上の「黄龍九寨空港」に着きました。
生憎のお天気でした。
P5310053.jpg

もしも成都から車で向かえば12時間かかるそうです。
この地域ではソラマメやジャガイモ程度しか育たないので食べ物は遠くから運ばれます。
P5310056.jpg
着いてまず宝石店に立ち寄りました。
ツアーではどうしてもこのような物品販売が入りますね。
韓国ではアメジスト、イタリアではカメオ、オーストラリアではオパール・・・
トイレ休憩もあるのでしょうが本当は宝石店より地元の人が行くスーパーや
モールで自由時間があれば良いなぁと思います。
P5310055.jpg
また旅慣れた人が半値くらいに値切って上手に買うのを知ると
本当の値段はいったいいくらなのか・・・
逆にもともと吹っかけているように思えて私は興ざめします。
皆さんはいかがですか?

でもここのお店で聞いた本物の見分け方のレクチャーは面白かったです。
翡翠は泡が入っていたら偽物(ガラス)です。
叩くとキーンと高い澄んだ金属音のものが良品、触るとひんやり冷たいそうです。

猫目石は中国で取れるのは地味な色で裏から見ても目が入るのが本物。

琥珀は濃い食塩水(コップに300mlの水+スプーン7杯の塩)に入れて浮かぶのが本物だそうです。


山の上なので気温は下がり、高山病注意報発令(←個人的に)でした。
私は頭痛の症状が出て山道にも揺られ、酔わないように気をつけていました。

予防のため水分をこまめに摂ってロイズのチョコを大事に食べておりました。
P5310061.jpg

お昼は田舎料理でした。
ジャガイモや豆もやしの炒め物。骨付き豚肉もよく出ます。
かぼちゃの煮物、ピーナッツ、海藻のスープなど
腹5部を薦められ、寒いので冷たい飲み物も取らず
残った中国茶を水筒に詰めました。
父に暖かい飲み物を山道で薦めたかったからです。

ウィンドブレーカーは着ていましたが小雨で寒かったので安い合羽を買うことにしました。
値段がなかったのでレストラン横の売店の純朴そうな店員さんに聞いたら20元(300円」。
粗悪品で1回で破けるひどいものでした。
またまた中国の印象が悪くなってしまいました。
「お金持ちから多くお金をとることは施しをさせることで徳を積むことだから
悪いことではないという考えがある」と私の姉は言ってましたが

寒くて困っていて急いでいる旅人なら高くても買うだろう・・・
足元を見られた気がして私はこの国の商売の仕方は嫌いです。
P5310063.jpg
これから行く方は中国製でも日本の100円ショップの物をご用意下さい。
上に羽織るもの、ズボン形式の物も便利そうでした。
このツアーは5月末から始まりますが今回手袋やホッカイロもあれば良かったと思います。
何しろ(バスで)4000メートルの峠を越えたりしますから。
kouryu0.jpg

黄龍へはロープウェイがあり下り中心なので楽なのかと思いきや
一番奥にある最も景色の素晴らしい五彩池までは登りで結構な距離を歩くのです。
kouryu1.jpg

時計回りに池をぐるっと遊歩道を歩くため父は手前で断念しました。

私と夫は父を途中で残し五彩池に行ってきました。
P5310085.jpg

この世の果ての信じられない色と造形を目にしました。
P5310086.jpg

本当に綺麗で感動しました。
kouryu2.jpg

石灰や銅を含むのでこんな色の湖水になるそうですが不思議です。
P5310075.jpg

周ってみて右から少し登れば見えると父に薦めましたが辞退されました。
無理はしない。欲張らない。いつも自然体の父です。
P5310071.jpg

世界遺産なので環境を守っているのが分りました。
木道はよく整備されていますし、トイレも洋式で
(ビニールが内側に入っていく不思議な作りですが)困らないです。
でも中国のトイレに紙を期待してはいけません。
ウェットティッシュも持ち歩くのが基本です。
鍵もちゃんとかからないのが多いこと!(笑)
P5310097.jpg

下りながらあちこちにまた不思議な造形がありました。
↓荷物を担いで運ぶ人。思わず飴をさしあげました。
このお仕事で幾らになるのでしょうか?
P5310088.jpg

行程は約5キロで当初は余裕があると思っていました。
夕方5時までにロープウェイの入り口付近に戻る約束でしたが
私たちは40分ほど遅れてしまいました。
P5310092.jpg
3500mの山の上なので息が切れるのです。遅れても急いだら危険です。

途中何度か添乗員さんに携帯で連絡をしました。
やはり携帯は海外でも使えるように設定したほうが良いと思いました。

万歩計を持っていた人はこの日2万歩以上カウントしていたと仰ってました。
ゴール!!思わず万歳でした。
kouryu4.jpg
お父さん本当にお疲れ様でした。
関連記事

この記事に対するコメント

ご旅行楽しそうです~。
でも山に登ったり沢山歩いたり、終始高山病をきにしながらだったり、とってもハードです^^;
お父様もお母様もお元気で素晴しいですね。

上海万博のニュースなどをみていても、お国柄でしょうか?日本人目線で見ると、ちょっとイヤな事もあるようですが、その分景色はどれも素晴しいですね。

後半もよい旅行でありますように。
【2010/06/11 10:23】 URL | ネネ #- [ 編集]


おかえりなさぁ~い!
パンダの国からのメールありがとう!
パソコン持っていってるのかな?どこかでネットをしてるのかな?って思いつつ、返信もせずそのままでした(ごめんなさい)

しっかし、濃そうな旅ですね
そんじょそこらの観光とは違うわ
kazumiさんと一緒に行くと、色々勉強になりそう
さぁ、次はどこかしら?
目指せ100カ国!
いいなぁ~いいなぁ~
【2010/06/11 10:50】 URL | kana2 #9fhmHjA6 [ 編集]


あら・・・サクラソウだ・・・でも葉っぱが微妙に違いますね。

合羽が三百円・・・中国らしいと言えば中国らしいですが・・・。笑)
【2010/06/11 19:11】 URL | ひげ #- [ 編集]


 三国志、西遊記が大好きな私には、ため息の出るような写真ばかりでした。

 端が跳ね上がった屋根の形が、西遊記に出てくる妖怪の住処みたい。想像して楽しんでいました。

 五彩池は別世界ですね。目の当たりにしたら、うーん。言葉が出ないです。
 素敵な旅をされましたね。

 中国のお話は大好きですが、
商売の仕方やものの考え方は私も同意見で、あまり好きじゃないです。

 コンビニにも中国の方がいらっしゃいますが、トラブルメーカーが多いです。

 ダメなものはダメとはっきり言わないと、言葉の揚げ足を取ってきて、言い負かせればなんとか出来る。そういうごり押しみたいなところが割とあります。

 紙パックの牛乳を温めてくれといわれたこともあります。失敗したらしたでこちらのせいにされるんだろうと思ったので、責任は取れないと最初に言いました。

 楽しい旅をしている方に、意地悪したくないけれど、要注意!なんですよね~。残念なことに。

 中国が好きなだけに悲しいです。

 
【2010/06/11 23:46】 URL | ももぷー #- [ 編集]


ネネさま
父は帰国後少々寝込んだと兄嫁が言っておりました。
私が父の年では登れる気がしません。
万博は行きませんでしたが中国は豊かになっていく過渡期で
世界の洗練も段々身につけていくでしょう。10億の民の力は侮れません。

kana2ちゃん
重くても小さいパソコンは持って行きます。
夫はそれで稼いでますから。
成都でつながって九さい溝は有料、川主寺はなしでした。
夫はアイフォンも持っていてGPSと写真で位置と映像をくっつけてました。
年1回の海外旅行では間に合わないかも・・・・
行きたいところが多すぎます。でもハワイは1回しか行ったことないわよ。
kanaちゃんと違って。

ひげさん
でしょでしょ?桜草です。
可憐な高山植物がいっぱいありました。
世界遺産なので写真撮るだけですけど。

ももぷー様
日本人に対してどうゆう感情があるのか分りませんけど、
草の根的に関わりを持ってお互いの良さを知れたら良いと思っています。
中国に限らず外国の人は皆はっきり主張しますね。
言葉の強さもあって中国語は「喧嘩ごし」に聞こえます。
ガイドさんも物品販売色々薦めますし、
学芸員が美術品熱心に説明するなぁと思ったら販売の話にいつの間にか変わっていて驚きました。「物より思い出」の国です。
【2010/06/12 00:42】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1422-0680979b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索