最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
カラー
こげ茶色の背景に白いカラーが映える絵です。

シンプルですっきりした花。
構図も余白を効果的に生かしていますので
額もすっきりとさせました。
DSC03102.jpg


生徒の西口さんの作品です。
この額にはマットが入ったタイプもあるのですが
小ぶりに飾りたいというご希望でした。

マットなしの場合は中桟が見えますので
その白木(中桟)の処理が必要です。
DSC03103.jpg

今回は金の紙を貼りました。
背景の色と続くようにこげ茶の紙を貼ったり
こげ茶色にアクリルで塗る方法もあります。
正面からは見えませんが大事です。
blogram投票ボタン
関連記事

この記事に対するコメント

いつも本当に素敵な作品ですね~。本物のお花のようです。

 私は小さなローズウィンドウで栞を作っているところです。

 ボランティアの会で本を売ることになり、プレゼントに栞をつけようと思いました。直径四センチがギリギリの小ささでした。

 自分で型紙をつくって見ましたが、意外性というのはなかなか期待出来なくて、ちゃんとイメージを持って作らないとそれぞれの色の綺麗なところが出てきません。

 しかも、思い切ってあっさり大胆にしたほうが(小さいからですね)綺麗に見えてしまう。初心者の作品を人にプレゼント…とは思いましたが、気持だけでもと思いました。

 円をくりぬくとき、和美先生の小さく切ったところの下からハサミを入れる。これとっても綺麗に出来ました。ありがとうございます。私も上からハサミを入れていたのです。以前の書き込みでなるほどなぁ…と思っていました。

 量産するので、パーツをまとめて作っては糊貼りと作業はおなじ事を続けてするようにしています。

 とても勉強になりました。作品は私のブログに載せました。もしよろしかったら見ていただけますか?よろしくお願いいたします。
【2010/05/23 23:52】 URL | ももぷー #- [ 編集]


ももぷー様
拝見しました!!すごくきれいです。また大変小さいのでびっくりしました。
折る手間は一緒だし紙がごわついてかえって折りにくかったことでしょう。
もらった方は喜ぶこと間違いなしですね。
心がこもっていますね。素晴らしいです。
円の切り抜き方お役にたったそうで嬉しいです。
ペーパークラフトにもいろんなコツがあるんですよね。
量産する時は型紙もよく作ります。採寸の時もメジャーみたいの作ります。
糊はボールペンみたいなタイプが細かい部分に使いやすいですよね。
水色の液状で乾くと殆ど透明になります。
半分乾かして使うと粘着が少しになってポストイットみたいにも使えます♪
【2010/05/24 00:09】 URL | kazumi #- [ 編集]


 早速いらしてくださってありがとうございます。

 ちっちゃい円盤を折るのは、酷く自分が不器用になったように感じて、もどかしかったです。さすがに、16分割では切り抜けないので、8分割で作りました。

 和美先生にほめていただけると、とっても嬉しいです~。励みになります。

 ものづくりは、やはり道具ですね。遠回りのようでも、そこをきちんとすると早く綺麗に出来るんですね。
【2010/05/24 18:56】 URL | ももぷー #- [ 編集]


ももぷー様
私は職人気質なので才能よりは数をこなして学ぶ姿勢でやってます。
物づくりには共通の工夫もあっていろいろやると芋づる式に生かせるのがまた興味深いところですね。
【2010/05/24 23:49】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1409-c5a0992b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索