FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
 金属のやすり
 木工の仕上げを美しくするには「やすりがけ」が欠かせません。やすりがきちんとかかっていると「良い仕事してるねぇ。」とイエル!

 さて私の金属のやすりの面々を並べてみました。柄がついていると力が入りやすくて女性でも扱いが楽です。トールの愛好者にもお勧めします。左2本は「棒やすり」で父からもらいました。
 もしも一本持つのなら赤の三角あたり(右から2番目)が良いでしょう。

 紙やすりと違って耐久性があります。右の2つは磨り減ったらやすり部分を取り替えられますが、私はまだ経験ありません。日曜大工程度ならよっぽどこすらないとそこまで磨耗しないです。

 木を切った時のバリ(木の裏側にできる汚い木の切り跡)をとるのが主な使い途です。
 写真左は伊東屋展に出す作品の木製土台です。切り口のガサガサをまず金属やすりできれいにします。
PICT1917.jpg


 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/138-b096aa32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索