最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
黒猫と風船②
前回の続き

DSC02756.jpg
⑩奥にある風船3つは風船全体で表現します。その部分に3本の糸を貼ります。
(濃いピンク、下の若草色、右のオレンジの風船)
絵柄の糸の出来るだけ真上に刺繍糸を両面テープで固定します。

DSC02757.jpg
スティロールにシリコンを乗せたら(僅かな量で良い)風船全体を貼ります。

DSC02759.jpg
薄いスティロールを切って表裏に両面テープを貼り
中央上の黄色、右上の若草、深緑の風船の位置に固定したら
スティロール表側の両面テープに糸を貼り付けます。
⑪深緑の部分を特に多くしてシリコンを乗せて風船3個を乗せます。
DSC02773.jpg
風船部分が立体的になるように心がけます。
オリジナル専用額は深さ20ミリです。

⑫黒猫を3パーツで組み立てたら尻尾の土台の上に重ねて固定します。
DSC02763.jpg

⑬艶をつける場合はここでスプレーニスをかけます。
DSC02767.jpgかける前
DSC02766.jpgかけた後
風船にうまく丸みが付いていると楕円形に光沢が入ります。
でも糸にニスが付くと目立つので矢鱈にかけないようにしましょう。

⑭最後にハートのビーズを固定します。
5色のハートビーズがキットに含まれています。
DSC02762.jpg

浮かす場合は小さなスティロールかアクリルの棒を使い
固定には木工用ボンド(または両面テープ)を使います。
固定の際は片方乾燥させてから時間差でもう一方を固定すると)作りやすいです。
コピー ~ DSC02677
体験講習ではさらに自然な仕上がりになる
私が最近気に入っている方法をお教えする予定です。

皆さんに楽しく作っていただけたら嬉しいです。
このオリジナルキットを近日中にネットでも販売いたします。
関連記事

この記事に対するコメント

はぁ。なるほど。
こうやって、立体的になるんですねー。
親が付いていれば小さな子供でも作れますかねー。
無茶苦茶になるかもしれませんが(笑)。それはそれで、子供なりの感性でいい味になったり?
【2010/03/28 15:17】 URL | sora #nOJiXcNY [ 編集]


soraさま
興味を持って頂き感謝です。
このキットは両面テープを糸の固定に使い、出来るだけ簡単に作っています。
通常はシリコンボンドというのでもう少し高さのコントロールを自由にする分不安定になります。
お子さんでも作れますよ♪
絵柄が良ければちゃんと良い見栄えになります。そこが良いところ♪
【2010/03/28 18:51】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1374-869074bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索