最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
罵声
伊東屋展に出展予定の作品を一部ご紹介します。
生徒の古館さんが制作されました。背景を黒にして作品を引き立てています。
DSC02706.jpg

久しぶりに聞いてしまいました。

庭いじりをしていてご近所の親子が我が家の前の道でキャッチボールをしていました。

車があったのでお二人に私の姿は見えなかったと思います。

小学生の息子さんに対して
「へったくそ!」
「おまえはほんとにだめだな。」
「もう辞めようかな。下手だから」

褒めないで罵声を浴びせながらキャッチボールしています。
胸が痛くなりました。
いつものことなのか息子さんがめげてないのが救いでした。
それもお母さんが驚くような乱暴な言葉を使っていたのです。
身内で鍛えられ
学校や社会の言葉の暴力に耐える力が備われば良いですね。
実際私は父がやや毒舌で母が愚痴っぽいのでそういうのには耐えられます。(笑)

「もうちょっと」
「惜しい」
「今度こそ!」
「ファイト」
「もう一回がんばってみよう」
「上手!」
「うまくなってきた」
そういう言葉をかけながら出来ないのかなぁ。

私は生徒さんにそういった類の言葉をかけている積りです。(笑)
夫にも褒め言葉を。
これはかなり心がけないと出てきませんけど・・・
関連記事

この記事に対するコメント

父さん・・・僕、飛雄馬になりたい・・・。笑)

【2010/03/15 08:23】 URL | ひげ #- [ 編集]

叩かれて育つのイヤ(涙)
罵声…イヤなものです…。
私はきっと人よりうんと褒められたい人だから、他の人も褒める様…というかいい部分を捉えられる様にしています。
私との比較というもの凄い低いハードルから褒められて育っちゃってますから、息子達は社会に出てから鍛えられちゃうでしょうね^^;
【2010/03/15 09:02】 URL | マリ #- [ 編集]


ウチの子は反抗期だから何を言ってもムダ~
怒れば「やる気失った」
ほめれば「そういうのにのせられないよ」

はいはい

あ~めんどくさい中1男子って
【2010/03/15 09:45】 URL | hiromi #- [ 編集]


ひげさんへ
ゴジラ松井君を8割褒めて育てたと夕べ父上が言ってましたね。
ホント?
ひゅうまは辛そうな人だったなぁ。
楽しそうに野球やっても良いような気が今はしますよ(笑)

マリさんへ
欠点の多い両親でしたが愛情を注がれて育ったと思うので
私も子に罵声を浴びせるのが分らないのです。
親の不満の捌け口なのかと思ってみたり・・・
マリさんのお子さんは優秀ですし思いやりもあり心配ないですよ。
前途洋洋で将来が楽しみです♪

hiromiちゃんへ
思春期に反抗しないとまともな大人になれないの。順調です!
成長の証。大人になる大事なステップ。
うちは思い切り反抗して
「恩を仇で返す仕打ち」数年×2
今はとっても良い子になりましたから・・・
耐えるのよ~(笑)そのうち親孝行してくれますよ♪
【2010/03/15 15:14】 URL | kazumi #- [ 編集]


ふふふ♪hiromiさんのコメント我が家の数年前みたいだわ~!!
十八歳になったので言葉ではかえさなくなったけど、
気に入らないことを言うと、
白目を出して、今にも倒れそうなフリをします。
これでも中学生よりは大分大人になったってことよね?
【2010/03/15 16:48】 URL | ぴら #- [ 編集]


可愛い作品ですね。
なんでこんなに変わるのかと驚きます!!

我が家の息子も中学時代なかなかの反抗期がありました・・
その時期は結構辛かったけど息子も外では頑張ってたので私にだけ甘えてたんでしょうね・・
高校生になりかなり落ち着きましたよ。
「褒めて育てる」大切な事ですよね。私の母はそんな人でした。でえも自分が出来たかどうか・・
【2010/03/15 20:05】 URL | SAKURA #- [ 編集]


ぴらちゃんへ
あともうちょっとの辛抱だよ♪
あんなにかわいかった子供が思春期はよくまぁこんなに憎たらしくなるものだとも当時は思いましたね。
夫によると「親より異性の方に惹かれるよう遺伝子に組み込まれていて親離れするんだ。」そうな。(笑)

SAKURA様
今続々と最終仕上げに入ってます。
展示会が始まったら直接ご覧になれない方のために映像でご紹介しますね。
まだちょっと勿体つけてます(笑)

お母様はいまだに良いお手本ですね。
褒めて育てられるとSAKURAさんみたいな愛情深い人になるんですね♪
うちは母は真っ正直ですが思ったことすぐ口にします。
「欲しくなかったのに授かった」とか「お産は大変だったからこりごりだ」とか言われて
反面教師で学びました。(笑)
でも母は大変元気なので人に「子孝行」と言われ改めて感謝してます。
親子の縁もめぐり合わせですね~
【2010/03/15 22:41】 URL | kazumi #- [ 編集]


松井選手の父上・・・素晴らしい人ですね
テレビを見ながら ついつい 「もっとはやくに・・・」と思ってしまいました^^ 時、既に遅しです


野口英世、美空ひばり、イチロー・・・などなど天才の母上は みなさん揃って「褒め上手」だったと聞きますから 【言葉】は大事たと実感しますね~~

親→子供への罵声は。。。。結局は親側のストレスや心の狭さ

穏やかでいたいものです^^
【2010/03/15 23:03】 URL | 杏子 #- [ 編集]


杏子さま
松井パパは未だに褒める手紙を出し続けているのには頭が下がりましたね。離れて暮らす娘にこれからでもメール書こうかと思います。(笑)

汚い言葉は汚い心を生むようです。マイナスの言葉には近寄らないようにしようかと思います。
その奥さんとはお友達になれそうにないです。怖かったもん(笑)
【2010/03/16 00:40】 URL | kazumi #- [ 編集]


罵声は、他人であっても聞き辛いですねえ。
褒めることで、万事うまくいけば、こんなに幸せなことはないでしょう。

しかし権兵衛は、体育系の人間、叱咤激励することは、必要だと思います。それは時には
罵声に近い。それに耐えた者
が、大きく飛躍できると思います。

松井やイチロウの超一流の人でも、監督やコーチからは厳しい言葉を浴びせられたことがあると思います。

コーチから熱い心で叱られても、納得できます。冷たい心でけなされば、やる気が起きませんね。
【2010/03/16 07:38】 URL | 権兵衛 #- [ 編集]


権兵衛様
一理ありますね。
カツを入れる時は自然大きな声になるでしょう。熱心さの表れで。
罵声かどうかはそこに愛情があるかで線が引かれるのかもしれません。
体育の先生に怒鳴られただけで不登校になった同級生がいました。年とった温厚な親に大事に育てられた男子でした。
うちの娘たちもそれに近いものがありましたわ(笑)強さも育てないとです。
【2010/03/16 14:30】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1363-9b68b197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索